2011年 4月14日 Vol.30
災害時のお子様のこころのケア
  この度の大震災で被害を受けられた皆様には、心からお見舞い申し上げます。
  災害に遭遇するなどの強い恐怖や衝撃を受けた場合、不安が募ったり、眠ることができなかったりするストレス症状が現れることがあります。
  特に精神的にかよわいお子様に対しては、御家族が抱きしめてあげたり、優しい言葉をかけてあげたりするなど、安心感を与えるようにすることが大切です。また、お子様の言葉をじっくり聴く、同じことを何度聞かれてもきちんと答えるなど、寄り添う形でのケアも重要です。

(参考)
内閣府ホームページ
「震災関連情報(電話相談、心のケア等)」
(リンク先:http://www8.cao.go.jp/jisatsutaisaku/link/soudan.html#04)

厚生労働省ホームページ
「こころのケア-地震の被災者やその家族、支援者、職場で対応される方、各地で不安な思いをしている方へ-」
(リンク先:http://kokoro.mhlw.go.jp/etc/info0322.html)

文部科学省ホームページ
「こころの窓口」
(リンク先:http://www.mext.go.jp/a_menu/saigaijohou/syousai/1303886.htm)

  次回の配信は2011年4月21日を予定しています。



配信情報へ戻る

このページの先頭へ



Copyright © 2010 Consumer Affairs Agency,Government of Japan. All Rights Reserved.