2011年 4月7日 Vol.29
ペットボトル入り飲料水(ミネラルウォーター類)の表示について
  東日本大震災に伴い、ペットボトル入り飲料水(ミネラルウォーター類)の需要が増加しており、商品の輸入や増産に対して容器の表示やラベルの作成が間に合わない現状にあります。このため、ペットボトル入り飲料水(ミネラルウォーター類)について、ラベルが無かったり、外国語だけで表示がされていたりするなど、表示が不十分な商品であっても、一時的に販売することが認められています。
  その場合、店頭の掲示で、輸入された商品についてはその原産国と輸入業者が、原水をそのまま詰めたものについては無殺菌又は無除菌である旨が表示されます。また、消費者庁では、法的義務はありませんが、乳児に不向きな硬水か、軟水かの区別も表示するよう勧めています。
  お子様のミルクの調製などにこうした商品を購入される場合は、店頭での表示を御確認ください。

  次回の配信は2011年4月14日を予定しています。



配信情報へ戻る

このページの先頭へ



Copyright © 2010 Consumer Affairs Agency,Government of Japan. All Rights Reserved.