2011年 2月17日 Vol.22
電車のドア、戸袋の事故に注意!!
    電車のドアが開いた際に、ドアの戸袋に手や腕などが引き込まれる事故が起きています。東京消防庁によると、平成17年4月から平成22年12月までの間に、398人が電車の戸袋へ引き込まれて医療機関へ救急搬送されており、そのうち177 人(事故の約45%)は0~5歳までの乳幼児でした。保護者が抱っこをしていても、乳幼児の手や足が戸袋に引き込まれる事故も発生しています。
    戸袋へ引き込まれる事故は、指の切断や骨折などの大きな怪我につながる場合もあります。電車のドアが開く際に、お子様がドアに触れることがないよう、十分に御注意ください。

  次回の配信は2011年2月24日を予定しています。


配信情報へ戻る

このページの先頭へ



Copyright © 2010 Consumer Affairs Agency,Government of Japan. All Rights Reserved.