2010年11月18日 Vol.10
  除光液を飲んだときは吐かせないで!
  ネイルアートを楽しむお母さんが多い最近は、子育て中であっても除光液は身近なものですが、毒性が高く、乳児の誤飲事故も多いので注意が必要です。
  誤って飲み込んだり蒸気を吸い込んだりすると、のどの痛み、吐き気、頭痛、ふらつきなどを起こすことがあります。万一、誤って飲み込んだ場合は、吐かせずにお医者さんへ。吐かせることで、液が気管に入り肺炎を生じる危険があります。また、蒸気を吸入した場合は、新鮮な空気を吸わせます。眼に入った場合は、流水で15分以上洗眼します。
  いずれの場合も症状が残るようなら、すみやかに受診しましょう!
  (資料:「中毒110番」編集公益財団法人  日本中毒情報センターを改編)


配信情報へ戻る

このページの先頭へ



Copyright © 2010 Consumer Affairs Agency,Government of Japan. All Rights Reserved.