2010年11月 4日 Vol.8
  「アレルギー患者が食べられる卵」に注意
  食物アレルギーの原因となるものは、卵、乳製品、小麦が代表的であり、年齢別では、0~1歳で卵が原因となる割合は非常に高くなっています。
  インターネット広告などで、「アトピーやアレルギー患者が食べられる」と称する卵を販売しているサイトがありますが、医師との相談なくこれらの卵を食べて重大なアレルギー症状を発症した場合、患者の生命に関わる可能性があります。
  広告内容にかかわらず、卵アレルギー患者の皆さまは、専門医の指導の下によるもの以外は、卵や卵を原料とする加工食品を食べないようにしてください。また、アトピー性皮膚炎患者の皆さまも、まずは専門医の診断・指導を受けるようにして下さい。
  本件に関する詳細は下記リンク先よりご覧ください。
  「アレルギー患者が食べられる」と称する卵の販売サイトに関する注意喚起について[PDF:93KB]


配信情報へ戻る

このページの先頭へ



Copyright © 2010 Consumer Affairs Agency,Government of Japan. All Rights Reserved.