2010年 9月30日 Vol.3
  やけどの危険は0-1歳!居室と台所が8割
  子どもは何にでも興味をもって、熱いものでも触ったりしてしまいます。
  危険度ランキングは、1位調理食品(みそ汁やめん類、シチューなど)、2位ストーブ、3位電気ジャーポット、4位花火、5位電気アイロン(国民生活センター調べ)。子どもの手に届くところに置かないようにしましょう。
  万一やけどをしたときは、すぐに流水で冷やします。子どもの手のひら以上のやけどをした場合は、水ぶくれをやぶらないように清潔なガーゼで覆って早めに医師の診察を!


配信情報へ戻る

このページの先頭へ



Copyright © 2010 Consumer Affairs Agency,Government of Japan. All Rights Reserved.