■実施主体名
こどもの事故予防体験ひろば【兵庫県姫路市】 
 ■取組の経緯
子どもの事故はその成長段階によって様々だが、その多くは家庭内で起こっており、大人が少しの気配りと対応をすることで未然に防ぐことができる。姫路市保健所では、子どもをもつ保護者や子どもに関わるすべての方が、身近な危険や事故予防方法について知っていただけるよう、「こどもの事故予防体験ひろば」を平成24年3月に開設した。
 ■取組の概要
上:こどもの視野体験コーナー 下:こどもの事故予防体験ひろば
①  子どもの事故に関する展示パネルを設置。

② 一般的な家庭の家の中を再現し、起こりやすい事故や、それを防ぐためのポイントについて展示。

③ 子どもの視野体験ができるコーナーを設置。

④ 事故予防に関するリーフレットを配布。

⑤ 乳幼児の健診や相談日に合わせて開場するほか、グループ(10名以上)での見学も受付。

 ■取組の効果・成果等
平成24年4月~7月までの来館者数は398名。
 ■リンク
http://www.city.himeji.lg.jp/s50/hokensho/_26926.html
連絡先:姫路市保健所健康課  079-289-1641

このページの先頭へ



Copyright © 2010 Consumer Affairs Agency,Government of Japan. All Rights Reserved.