■実施主体名
Love & Safety おおむら  こどもを事故から守るプロジェクト【大村市(長崎県)】
 ■取組の経緯
子どもの死亡原因の第1位が転倒・転落事故などの「不慮の事故」である。事故の傾向や原因を調査分析し、その情報を市全体で共有して、早期の予防対策や効果的な社会の取組に役立てるため、平成23年3月6日に、「Love&Safetyおおむらこどもを事故から守るプロジェクト」を全国で初めて立ち上げた。
 ■取組の概要
上:プロジェクト立ち上げ宣言(中央は大村市長)下:市民公開講座の模様 ① 大村市内の医療機関、教育委員会、保育園、幼稚園、警察、消防署が、ネットワークに参加し、自治体をあげて「Lоve&Safetyおおむら  こどもを事故から守るプロジェクト」を立ち上げ。

② 「大村市内の医療機関が中心となり、子どもの不慮の事故に関する情報を収集、その情報を専門機関(産業技術総合研究所)で解析。結果から得られた情報を、大村市全体で共有することで、早期の事故予防対策につなげることを目指す。

③ DVDの作成、事故予防セミナーや市民公開講座の開催、リーフレットやチラシの作成・配布など活動を積極的に展開。

④ NPO法人(実施主体)を立ち上げ。
 ■取組の効果・成果等
リーフレット・チラシの作成・配付。医療機関・保育施設により事故調査、専門機関による解析を実施し、事業者等へ改善要望を実施。事故予防セミナー、市民公開講座、心肺蘇生法講習会の開催多数。
 ■リンク
http://www.city.omura.nagasaki.jp/file/temp/8785669.pdf
(Love&Safetyおおむら  こどもを事故から守るプロジェクト「チラシ」)
[大村市]

先進的な取組事例トップページへ  このページの先頭へ



Copyright © 2010 Consumer Affairs Agency,Government of Japan. All Rights Reserved.