■実施主体名
経済産業省
 ■取組の経緯
1960年代以来、1~14歳の死亡原因の1位は「不慮の事故」。子どもを安心して生み育てられる生活環境を実現するためには、事故情報の分析等により事故対策を進め、同様の事故を予防していくことが必要不可欠。そのため、子どもの事故予防に配慮された設計・デザイン(キッズデザイン)による製品開発を、産業界が積極的かつ持続的に推進し、キッズデザインによる製品市場が拡大していく社会システムの構築を目指し、平成19年度より取組を開始。
 ■取組の概要
① 平成19~21年度に実施された「安全知識循環型社会構築事業」では、繰り返し発生している子どもの事故を予防するため、病院や保護者からの子どもの事故情報を収集し、事故情報データベースを構築。また、それらの情報をもとに、専門家・研究者により現場調査や子どもの行動分析を行い、事故原因の究明及び再発防止対策を実施。さらに、これらの情報を、ホームページやシンポジウム等を通じて、保護者や企業・業界団体等、社会全体へ発信。

② 平成22年度からは、「キッズデザイン製品開発支援事業」として、消費者庁等に収集された事故情報や産業界が有する子どもの事故予防のための技術的課題等をもとに、人間の特性・行動分析等に強みを持つ研究者が原因分析等を実施。得られるデータや評価分析ツールなどの科学的知見を、異業種横断的に利用できる共通基盤として整備し、企業・業界団体等に提供・共有する体制の構築を進めている。
 ■取組の効果・成果等
これまでに16,000件を越える事故情報を収集するとともに、子どもの転倒・転落や、建具・ベビーカーの指挟み事故等の原因分析、シミュレーション解析等を行い、これら成果をホームページ「キッズデザインの輪」で公表。また、得られた知見の一部は、事故予防対策のための製品改善(ヘルメット、炊飯器等)や、遊具の設置面の安全基準の見直し等に活用。
 ■リンク
http://www.kd-wa-meti.com/index.html
[経済産業省]

先進的な取組事例トップページへ  このページの先頭へ



Copyright © 2010 Consumer Affairs Agency,Government of Japan. All Rights Reserved.