■実施主体名
東京都
 ■取組の経緯
平成12年に、厚生労働省の母子保健国民運動計画「健やか親子21」において、不慮の事故を半減させるという目標が掲げられたことから、事故予防のための取組を開始。
 ■取組の概要
学習ソフト(第2回キッズデザイン審査委員長特別賞 ① 保護者に対して、乳幼児の事故防止教育をより効果的に行うため、知識の定着と取組の動機づけの強化をコンセプトに、平成19年度に体験型の教材を開発。具体的には、窒息や誤飲等のアニメーションによるリアルな事故の動画や、子どもにとって危険な場所を見つけるクイズ等が体験できる乳幼児期の事故防止学習ソフト「見つけて防ごう!子どもにとっての身近な危険」を作成し、ホームページで紹介。

② 教材の活用が促進されるよう、指導者向けの教材「乳幼児の事故防止教育ハンドブック」を作成。
 ■取組の効果・成果等
学習ソフトについては、NPO法人キッズデザイン協議会が主催する第2回キッズデザイン賞において、保護者の教育の実践的なソフトとして審査委員長特別賞自治体賞を受賞。
 ■リンク
http://www.fukushihoken.metro.tokyo.jp/kodomo/shussan/nyuyoji/index.html
(乳幼児の事故防止について)
[東京都]

先進的な取組事例トップページへ  このページの先頭へ



Copyright © 2010 Consumer Affairs Agency,Government of Japan. All Rights Reserved.