■実施主体名
(株)ミサワホーム総合研究所
 ■取組の経緯
家の中の死亡事故が毎年1万件を越える我が国で、もっと事故原因を知り、安心して住んでもらえるよう、平成5年から取組を開始。子ども目線で大人が環境整備することと、子ども自ら危険を知り回避能力を身に付けることの重要性を訴える。
 ■取組の概要
上:本「住まいの安全を考える」(第1回キッズデザイン賞受賞(2007年度)) 下:絵本「ヒヤリハットさんちへいってみよう!」(第3回キッズデザイン賞受賞(2009年度)) ① 家庭内事故への家族の意識付けと、子どもの目線で考えることの重要性を訴求した「住まいの安全を考える本~子どもの目の高さで安全点検」を製作し、販売。家の中を事故の起こりやすい8つの場所に分けて具体的な対策を紹介。

② イラストの中に隠された、事故になりそうな事例“ヒヤリハット”を子ども自らが見つけ出し、子どもの安全判断力を養うための絵本「ヒヤリハットさんちへいってみよう!」を製作し、販売。

③ ホームページで、絵本を素材とした家の中の危険な箇所を探すゲームや、事故防止方法などの解説ページを提供。

④ 幼稚園や小学校等からの要請を受けて、絵本を教材とした住まいの安全学習ワークショップを実施。
 ■取組の効果・成果等
①や②については、NPO法人キッズデザイン協議会より、啓蒙書として、キッズデザイン賞を受賞。また、②の絵本については、第7回消費者教育教材資料表彰で「優秀賞」を受賞。③のゲーム、解説サイトは、年間85,000件のページビュー。④のワークショップは、幼稚園、小学校など3ヶ所で実施(平成21年度)。
 ■リンク
1. 住まいの安全を考える本
http://www.misawa.co.jp/kodate/tokutyou/sumuhito/pop-up/safety/
2. ヒヤリハットさんちへいってみよう
http://soken.misawa.co.jp/kenkou_anzen/hiyari_hat/
[(株)ミサワホーム総合研究所]

先進的な取組事例トップページへ  このページの先頭へ



Copyright © 2010 Consumer Affairs Agency,Government of Japan. All Rights Reserved.