■実施主体名
京(みやこ)あんしんこども館【京都府京都市】
 ■取組の経緯
事故は病気同様、健康を害する怖いものであるが、事故の原因を科学的に解明していくことにより、事故に対する有効で簡単な防止策が見つかり、それを実行すれば安全であるということを保護者に知っていただくため、平成16年度に開設。社会全体で子どもを事故から守り、子ども達に安全な環境を提供することを目的としている。
 ■取組の概要
上:子どもセーフティハウス 下:心肺蘇生法講習会 ①  家庭での不慮の事故(風呂場事故・転落・誤飲)を防ぐためのポイントを職員が説明する「子どもセーフティハウス」及び子どもの視野体験やチャイルドシートの装着の説明ができるコーナーを設置。

② 子どもの事故等に関する保健医療相談(電話、面接により小児科医、保健師、看護師が対応)を実施。

③ 事故予防に関する小児科医師による講演と施設見学を兼ねた研修会を実施。

④ 心肺蘇生法講習会、自転車用ヘルメットとチャイルドシート使用講習会を実施。

⑤ 京都市内在住の0歳児、1歳児の事故記録データを収集。

⑥ 施設を訪問した方に、「子どもの事故防止実践マニュアル」と「応急手当マニュアル」を配布。
 ■取組の効果・成果等
来館者数は、平成21年度2,495名、平成22年度2,736名、平成23年度2,415名。
相談件数は、平成21年度1,294件、平成22年度1,381件、平成23年度1,439件。
平成17~19年における電話相談の中で、最も多い相談は誤飲事故で、原因としては、ティッシュペーパー等の紙類、包装袋等のプラスチック類の誤飲が多かった。次いで多いのは、ベッド、ソファーからの転落であった。
 ■リンク
http://www.anshinkodomokan.jp/index.html
連絡先:京(みやこ)あんしんこども館 TEL:075-231-8002

先進的な取組事例トップページへ  このページの先頭へ



Copyright © 2010 Consumer Affairs Agency,Government of Japan. All Rights Reserved.