皆様の体験談や工夫

より多くの方々と情報を共有して同様の事故の発生を防止する目的で、皆様からお寄せいただいた「お子様がケガをしたり、危ない!と思ったりした体験談や、ケガを防ぐための工夫」(以下「体験談や工夫」という。)を御紹介しています。

御紹介する基準

「お寄せいただいた体験談や工夫(2016年10月分)」
No. 体験談や工夫 性別 年代
1610-01
スプレー式ワックスのスプレー先端が外れていたので、小学低学年の息子がはめようとしました。スプレー口の穴はごく小さいため自分の方に向けていることに気づきませんでした。小さな部品なので差し込み口をよく見ようと顔を近づけていたため、先端がはまった瞬間、スプレーをまともに目に噴射してしまいました。そのときは私が家にいたのですぐ目を十分洗い流させ、念のため眼科に行って事なきを得ました。殺虫剤だったら、あるいは親の留守中だったらと思うとゾッとしました。小学生になって油断していましたが、こういう事故は起こりうるんだとわかりました。
女性
40代
1610-02
9ヶ月の子供です。夕方離乳食をぐずってほとんど食べなかったので、ベビーサークル内で遊ばせていたところ、突然嘔吐(おうとし始めました。ただ嘔吐がおさまるのを背中をさすりながら待ちました。 一緒にいた母が「口のなかに、夕食で食べた大根みたいなのが見える」と言われ、口の中を確認するもぐずってよく見えませんでした。しばらくして、落ち着きおっぱいを欲しがるので飲ませ、再度口腔(こうくう内を見ると白い物が見え急いで引っ張り出すと、外出時に子供のズボンに貼っていた虫よけシールが二つ折りになって出てきました。 中毒110番にて中毒性がないかを確認してもらい、大丈夫だったので口の中をガーゼで拭き取り様子をみました。その後異常はありませんでした。 夕食前にオムツ交換をした際、ごはんで汚れるからとズボンを履かせずベビーサークル内に置いたままにしており、そのズボンに虫よけシールが貼っていたのを忘れて遊ばせていました。何でも取って口に入れるので虫よけシールが目新しく口にしたのだと考えられます。 喉に詰まらせていたらと、ぞっとしました。 この後、子供が喜ぶからと貼っていたシールや口に入るサイズのおもちゃを急いで撤去しました。
女性
30代


  御紹介する基準

  ○ お寄せいただいた体験談や工夫は、原則として原文のまま掲載しますが、個人や法人を特定できるような情報や他者をひぼう中傷する情報等が含まれる場合には、一部又は全部を御紹介できないことがあります。また、文字化け等している箇所については、適宜こちらで文字を補わせていただいております。
  ○ 御質問や、体験談や工夫以外に関する情報は、本サイトや「子ども安全メールfrom消費者庁」の運営に当たっての参考とさせていただきます。

お子様のケガや危ない!と思った体験談などをお寄せください。


このページの先頭へ



Copyright © 2010 Consumer Affairs Agency,Government of Japan. All Rights Reserved.