皆様の体験談や工夫

より多くの方々と情報を共有して同様の事故の発生を防止する目的で、皆様からお寄せいただいた「お子様がケガをしたり、危ない!と思ったりした体験談や、ケガを防ぐための工夫」(以下「体験談や工夫」という。)を御紹介しています。

御紹介する基準

「お寄せいただいた体験談や工夫(2015年8月分)」
No. 体験談や工夫 性別 年代
1508-01
一人娘はもう成人していますが、小学校のときは集団登校でした。学童保育からは一人で帰っていました(1学期は近所のお兄ちゃんと帰っていました。)。とりあえず集団登校するお宅や通学路を始め、お店の方々や知り合いのお宅まで御挨拶に伺い、非常時には助けていただけるようにお願いに廻りました。まずは何かあっても安心できる環境を作り上げることが大切だと感じました。
男性
50代
以上
1508-02
夏祭りの出店で、4歳の息子がピカピカ光る棒のおもちゃを祖母に買ってもらいました(1,500円だったかな。)。 数日後、電池カバーが外れ、ボタン電池4個が落ちていました。見ていなかったので、どういう状況でそうなったのか分からないのですが、おそらく1歳の娘が遊んでいてそうなったのではないかと思います。電池カバーは小さなネジ1個で留まっており、多少なりとも安心していたので、ビックリしました。安全のことを考えるとそういうおもちゃは買わないほうがいいのかなと反省しました。
女性
30代
1508-03
5歳の息子が、イベント景品で頂いた花火セットを喜んで、帰宅後に開封し、中身を取り出し触って遊んでいました。そのうち、長方形の厚紙に火薬部分が留められている製品を持ち、火薬部分(赤いビニールでぐるりと巻かれていた)を、ストローだと思ってくわえてしまいました。慌ててうがいをさせました。まさか5歳で・・・でした。
女性
40代


  御紹介する基準

  ○ お寄せいただいた体験談や工夫は、原則として原文のまま掲載しますが、個人や法人を特定できるような情報や他者をひぼう中傷する情報等が含まれる場合には、一部又は全部を御紹介できないことがあります。また、文字化け等している箇所については、適宜こちらで文字を補わせていただいております。
  ○ 御質問や、体験談や工夫以外に関する情報は、本サイトや「子ども安全メールfrom消費者庁」の運営に当たっての参考とさせていただきます。

お子様のケガや危ない!と思った体験談などをお寄せください。


このページの先頭へ



Copyright © 2010 Consumer Affairs Agency,Government of Japan. All Rights Reserved.