皆様の体験談や工夫

より多くの方々と情報を共有して同様の事故の発生を防止する目的で、皆様からお寄せいただいた「お子様がケガをしたり、危ない!と思ったりした体験談や、ケガを防ぐための工夫」(以下「体験談や工夫」という。)を御紹介しています。

御紹介する基準

「お寄せいただいた体験談や工夫(2015年7月分)」
No. 体験談や工夫 性別 年代
1507-01
先日起こったドラム式洗濯機への閉じ込め事故。このような事故を防ぐ対策は無いものかと考えました。プレス工場に両手押しボタンというものがあります。作業者が誤って機械の中に手を入れないように、操作を行う場合には両手ボタンを押します。ドラム式洗濯機もドアを閉める際、ドアのボタンとは別に、もう一つのボタンを洗濯機の正面又は上面に設置しておき、二つのボタンを同時に押さないと蓋が閉まらないというものにすれば、洗濯機の中からは閉めることができません。この機能が不要なユーザーは解除できるようにすればよいと思います。洗濯機の中から開けられる機能やチャイルドロック機能に加え、このような機能があればさらに安全なものになると思います。
男性
40代
1507-02
駐車場で車に子供たち(5歳男の子、2歳女の子)を乗せる際に起きた出来事です。駐車場が狭くバック駐車禁止で、私の車はスライドドアではありませんでした。両側の車が出るまで待っていたら、片側の車が出たので2歳の娘を先に左側後部のチャイルドシートに乗せるため、兄を車の横で待たせていました。ベルト着用を嫌がる娘をなだめながら乗せていると、後方からクラクションの音が!クラクションの鳴る方を見ると、私の車の横でバックし始めている車に背を向けてしゃがみこむ息子の姿が!車のボディは既に息子の背中に当たっていましたが、すぐに救出しました。隣の車の方は気が付かずにそのまま行ってしまいました。目を離してからクラクション鳴らされるまでホントに数秒!一瞬でした…誰が悪い…後ろを確認しない隣の車?他でもない私です。娘を乗せる際に一瞬でも目を離したこと、兄を先に車に乗せるべきだったと後悔ばかり。日頃気を付けていた事だけに、ショックと息子を失う所だった恐怖で眠れません。
女性
30代
1507-03
孫の火傷について~2歳の子が電子蚊取り器の器具に指を入れてやけどをしました。小児の手に触れさせない注意書きがありますが、これから十分注意しないといけないと痛感しました。
男性
50代
以上
1507-04
5歳の息子と入浴中の出来事です。息子が浴槽で遊んでいる間に、私は洗髪していました。洗髪が終わってふと息子を見ると、浴槽で仰向けになって必死にもがいています。慌てて、息子を引き揚げました。発見が早かったので特にけがなどはなかったのですが、とてもびっくりしました。50センチくらいしかお湯をためていなかったので、まさか5歳の子が溺れるとは思いませんでした。息子に話を聞くと、お湯の中ででんぐり返しをしようとしたら、浴槽にすっぽりと体がはまってしまい、起き上がれなくなったらしいです。顔がお湯につかってしまい声を出すこともできず、静かだったので、もし、息子が一人で遊んでいる時だったら・・・とても怖くなりました。入浴中やプール遊びなどの時は、ぜったいに目を離してはいけないと痛感しました。
女性
30代


  御紹介する基準

  ○ お寄せいただいた体験談や工夫は、原則として原文のまま掲載しますが、個人や法人を特定できるような情報や他者をひぼう中傷する情報等が含まれる場合には、一部又は全部を御紹介できないことがあります。また、文字化け等している箇所については、適宜こちらで文字を補わせていただいております。
  ○ 御質問や、体験談や工夫以外に関する情報は、本サイトや「子ども安全メールfrom消費者庁」の運営に当たっての参考とさせていただきます。

お子様のケガや危ない!と思った体験談などをお寄せください。


このページの先頭へ



Copyright © 2010 Consumer Affairs Agency,Government of Japan. All Rights Reserved.