皆様の体験談や工夫

より多くの方々と情報を共有して同様の事故の発生を防止する目的で、皆様からお寄せいただいた「お子様がケガをしたり、危ない!と思ったりした体験談や、ケガを防ぐための工夫」(以下「体験談や工夫」という。)を御紹介しています。

御紹介する基準

「お寄せいただいた体験談や工夫(2015年1月分)」
No. 体験談や工夫 性別 年代
1501-01
ファミリーレストランのレジで使い捨てライターを売っていることがよくありますが、2歳の息子の手に届く場所に置いてあった時に、手に取って見ていたのでビックリしました。最近は安全に作られているのかもしれませんが、子供の手に届く場所に置くのは止めていただきたいと思いました。
女性
30代
1501-02
1歳10か月(当時)の娘が、いつもお風呂に入ると蛇口から直接水を飲んでいたのですが、ある日その蛇口を噛んで遊んでいたようで、下の奥歯が蛇口の穴にガッチリはまって取れなくなってしまい、奥歯が根こそぎ抜けるという事故が起こりました。もし中途半端に折れたりしたら局部麻酔をかけて処置する必要があったので、歯が綺麗に根から抜けたのがまだ不幸中の幸いでした。 蛇口から水を飲んでいても、まさか蛇口を噛むとは思っていなかったので、私も「ばっちぃよ~」くらいにしか注意していなかったのですが、もしこういう事が起こり得るという認識があれば・・・と後悔しています。子供は予想外の行動を起こすので、一見危険がなさそうな行為でも注意して見る必要があると痛感させられました。周りに話をしたら、うちの子も蛇口から水を飲んでいる!という方がいたので、事故防止につながればと思い投稿させていただきました。
女性
30代
1501-03
使った直後の玉子焼きフライパンの柄を手前に向けて目を離した隙に、1歳10か月の息子が背伸びをして落とした。フライパンが落ちる時に息子の額、頬に当たった。すぐに保冷剤で冷やし、夜間の救急に電話をした。翌日、皮膚科を受診して軟膏をもらった。使った後に油断をしたのが原因だった。跡も残らず良かったが気を付けないと、と改めて思った。
女性
30代


  御紹介する基準

  ○ お寄せいただいた体験談や工夫は、原則として原文のまま掲載しますが、個人や法人を特定できるような情報や他者をひぼう中傷する情報等が含まれる場合には、一部又は全部を御紹介できないことがあります。また、文字化け等している箇所については、適宜こちらで文字を補わせていただいております。
  ○ 御質問や、体験談や工夫以外に関する情報は、本サイトや「子ども安全メールfrom消費者庁」の運営に当たっての参考とさせていただきます。

お子様のケガや危ない!と思った体験談などをお寄せください。


このページの先頭へ



Copyright © 2010 Consumer Affairs Agency,Government of Japan. All Rights Reserved.