皆様の体験談や工夫

より多くの方々と情報を共有して同様の事故の発生を防止する目的で、皆様からお寄せいただいた「お子様がケガをしたり、危ない!と思ったりした体験談や、ケガを防ぐための工夫」(以下「体験談や工夫」という。)を御紹介しています。

御紹介する基準

「お寄せいただいた体験談や工夫(2014年9月分)」
No. 体験談や工夫 性別 年代
1409-01
階段に取り付ける安全ゲートについてです。2階で用事をするため、ゲートを閉じて私だけ2階へ。すると、下の子(当時1才ちょっと)が、私を追いかけゲートに足と手を掛けました。 ガンガンと音が聞こえ、泣き叫ぶので見に行くと、太もも、膝が柵に挟まり抜けなくなっていました。 救急隊の方に液体洗剤を付けていただき脚は抜け、幸い怪我もありませんでしたが、安全ゲートも種類によっては、違った意味で危険です。
女性
30代
1409-02
下の子(3才0か月)が起きる気配がなかったので、そのまま寝かせて上の子を幼稚園へ送って行きました。車で往復15分くらいです。上の子を送った帰り道、交通量が少ないとは言えない近所の道を、小さな子供がウロウロ。危ないと思い保護しようと車を降りたら、パジャマを着て裸足のままの我が子でした。幸い通りがかりのおばあさんが保護してくれていて何事もなかったのですが、色んな事を想像したらゾッとしました。鍵をかけて出かけたから大丈夫だと思い込んでいましたが、今後は何があろうとも子供を置いて出かけないと決めました。
女性
30代
1409-03
公園の子供遊具のセメント製の床面の高低差があったために、転んでその角がちょうど口に当たり、乳歯の前歯を折ってしまいました。歯は折れましたが、唇は軽傷で済みました。けれども、打ちどころが悪ければどんなことになったのかと親の不注意を反省いたしました。
女性
50代
以上
1409-04
子どもを公園の滑り台で遊ばせていました。滑り台の上から、立った状態で私に手を振ってきました。危ないので、座るように声を掛け、子どもも座りましたが、位置が悪く、バランスを崩し後ろ向きに滑り台の上から転落してしまいました。怪我がなかったのが幸いでした。
女性
30代


  御紹介する基準

  ○ お寄せいただいた体験談や工夫は、原則として原文のまま掲載しますが、個人や法人を特定できるような情報や他者をひぼう中傷する情報等が含まれる場合には、一部又は全部を御紹介できないことがあります。また、文字化け等している箇所については、適宜こちらで文字を補わせていただいております。
  ○ 御質問や、体験談や工夫以外に関する情報は、本サイトや「子ども安全メールfrom消費者庁」の運営に当たっての参考とさせていただきます。

お子様のケガや危ない!と思った体験談などをお寄せください。


このページの先頭へ



Copyright © 2010 Consumer Affairs Agency,Government of Japan. All Rights Reserved.