皆様の体験談や工夫

より多くの方々と情報を共有して同様の事故の発生を防止する目的で、皆様からお寄せいただいた「お子様がケガをしたり、危ない!と思ったりした体験談や、ケガを防ぐための工夫」(以下「体験談や工夫」という。)を御紹介しています。

御紹介する基準

「お寄せいただいた体験談や工夫(2014年7月分)」
No. 体験談や工夫 性別 年代
1407-01
1才8か月の娘とお寿司屋さんで食事をしたとき、ガラスのコップで水をもらいました。水が飲みたいと言うので本人に渡したところ、グラスを噛んで割ってしまい、口のなかに割れたガラスの破片が3個入りました。すぐに本人が口から出し、欠片も割れたところにぴったりはまりましたので、飲み込んではいなかったようです。大事には至りませんでしたが物凄く怖かったです。ガラスのコップが子供の噛む力で簡単に割れてしまうとは思わなかったので陶器やプラスチックのコップでお茶は出そうと思いました。
女性
30代
1407-02
1歳の孫は、遊びに来ると家にあるピアノを叩いて遊ぶのが好きです。ピアノの蓋は重く幼児の力では閉めることはできないと思っていました。ところが譜面台のでっぱりは幼児の手でもつかみやすくその部分を前に引っ張ったため、蓋が倒れてきました。幸い私の膝の上で一緒に弾いていたので、倒れる途中で私が手で押さえて事なきを得ましたが、そのまま幼児の手に倒れたら指、手首に当たり大けがの可能性がありぞっとしました。知人にも似た経験があり、蓋を固定したそうです。また、ペダルと本体との隙間に指を挟んだこともありました。スプリングの力が強く幼児の力では抜けませんでした。幸い気が付くのが早く、大人が指を抜いたので、若干指が白くなった程度で、すぐもとに戻りました。それ以来、ピアノを弾く時以外はペダルを固定することにしました。
男性
50代


  御紹介する基準

  ○ お寄せいただいた体験談や工夫は、原則として原文のまま掲載しますが、個人や法人を特定できるような情報や他者をひぼう中傷する情報等が含まれる場合には、一部又は全部を御紹介できないことがあります。また、文字化け等している箇所については、適宜こちらで文字を補わせていただいております。
  ○ 御質問や、体験談や工夫以外に関する情報は、本サイトや「子ども安全メールfrom消費者庁」の運営に当たっての参考とさせていただきます。

お子様のケガや危ない!と思った体験談などをお寄せください。


このページの先頭へ



Copyright © 2010 Consumer Affairs Agency,Government of Japan. All Rights Reserved.