皆様の体験談や工夫

より多くの方々と情報を共有して同様の事故の発生を防止する目的で、皆様からお寄せいただいた「お子様がケガをしたり、危ない!と思ったりした体験談や、ケガを防ぐための工夫」(以下「体験談や工夫」という。)を御紹介しています。

御紹介する基準

「お寄せいただいた体験談や工夫(2014年11月分)」
No. 体験談や工夫 性別 年代
1411-01
2歳の子どもが25キログラムのオーブンレンジを載せた台をいじっていたところ、オーブンレンジが1メートルの高さから子どもの上に落ちました。扉のガラス部分が子どもの顔にぶつかり、全て割れて顔と身体はガラスまみれ。オーブンレンジは、顔と上半身を覆うように載っていました。病院に搬送されたところ、骨折もなく軽傷でしたが、本当に危ない目に遭いました。子どもより大きく重い物でも、のしかかったり、引っ張ったりすると落ちてくる場合があります。皆さんもお気を付け下さい。
女性
20代
1411-02
長男が2歳の頃、ひも付きのおもちゃを持って隣の部屋へ移動して1人で遊んでいたのですが、しばらくして泣きながら戻って来ました。見ると、首にひもがきつめにグルグル巻きになっており、慌ててほどきました。子どもが自分から教えてくれなければどうなっていたかと思うとゾッとしました。その後、そのおもちゃのひもを切り、子どもが家にいる時は必ず誰かの目が届くように気を付けています。
女性
30代


  御紹介する基準

  ○ お寄せいただいた体験談や工夫は、原則として原文のまま掲載しますが、個人や法人を特定できるような情報や他者をひぼう中傷する情報等が含まれる場合には、一部又は全部を御紹介できないことがあります。また、文字化け等している箇所については、適宜こちらで文字を補わせていただいております。
  ○ 御質問や、体験談や工夫以外に関する情報は、本サイトや「子ども安全メールfrom消費者庁」の運営に当たっての参考とさせていただきます。

お子様のケガや危ない!と思った体験談などをお寄せください。


このページの先頭へ



Copyright © 2010 Consumer Affairs Agency,Government of Japan. All Rights Reserved.