皆様の体験談や工夫

より多くのかたがたと情報を共有して同様の事故の発生を防止する目的で、皆様からお寄せいただいた「お子様が怪我をしたり、危ない!と思ったりした体験談や、怪我を防ぐための工夫」(以下「体験談や工夫」という。)をご紹介しています。

御紹介する基準

「お寄せいただいた体験談や工夫(2013年6月分)」
No. 体験談や工夫 性別 年代
1306-01
子どもがコンセントを触ると危ないと思い、電器店でコンセントキャップを買ってつけました。大人でも指先に力を入れないと外れなかったので安心していたら、ある時1歳前の子どもが自分で外して口に入れていて驚きました。すぐに口から取り出しましたが、もし飲み込んでいたらと思うと怖かったです。電器店ではなく、ベビー用品店で、ドライバーでしか外せないタイプのコンセントカバーを購入しました。
女性
30代
1306-02
2歳の男の子です。入浴中に湯船の中のオモチャを取ろうとして、浴槽に落ちてしまいました。すぐに引き上げたので、大事には至りませんでしたが、今まで他の兄弟も同じように遊んでいても何事もなかったので、こんな危険があるのだとビックリしました。
女性
40代
1306-03
自宅前の道路にて自転車の後部座席に2歳児になる息子を乗せたところ、少し目を離した隙に自転車が倒れ、左側頭部をコンクリートに打ちつけました。気がつかなかったのですが、自転車を停めた所は傾斜になっていました。救急救命センターへ行き検査をしましたが、特に吐く、意識障害などはありませんでした。今後は注意したいと思います。
女性
30代
1306-04
滑り台で手を滑らせて、転落して顔にアザを作りました。
女性
30代
1306-05
強風の日、ベビーカーに子どもを乗せて外出したところ、ベビーカーが風で煽られ猛スピードで進み、道の段差で倒れてしまいました。幸い子どもは手のかすり傷で済みましたが、頭を打ったり車にぶつかったりと考えるとゾッとします。この時はストッパーをかけ忘れていたのですが、強風の日は極力ベビーカーは避けようと思いました。
女性
30代


  御紹介する基準

  ○ お寄せいただいた体験談や工夫は、原則として原文のまま掲載しますが、個人や法人を特定できるような情報や他者を誹謗中傷する情報等が含まれる場合には、一部又は全部を御紹介できないことがあります。また、文字化け等している箇所については、適宜こちらで文字を補わせていただいております。
  ○ 御質問や、体験談や工夫以外に関する情報は、本サイトや「子ども安全メールfrom消費者庁」の運営に当たっての参考とさせていただきます。

お子様の怪我や危ない!と思った体験談などをお寄せください。


このページの先頭へ



Copyright © 2010 Consumer Affairs Agency,Government of Japan. All Rights Reserved.