皆様の体験談や工夫

より多くの方々と情報を共有して同様の事故の発生を防止する目的で、皆様からお寄せいただいた「お子様がケガをしたり、危ない!と思ったりした体験談や、ケガを防ぐための工夫」(以下「体験談や工夫」という。)を御紹介しています。

御紹介する基準

「お寄せいただいた体験談や工夫(2013年10月分)」
No. 体験談や工夫 性別 年代
1310-01
夏休みに自動車で旅行へ行ったとき、ジュースを保冷ボックスに入れていたのですが、保冷ボックスの蓋のちょうつがい部分に、横に座って寝ていた子供の指が入っていたらしく、蓋を閉めた際に指が挟まってしまいました。ゆっくり閉めていたので、すぐに開けましたが、指が真っ赤になり腫れてしまいました。勢いよく閉めていたら指が切れていたかもしれないと思うと怖くなりました。 子供は寝ていても不意に動くことがあるので、気を付けないといけないと痛感しました。
女性
30代
1310-02
チャイルドシートを固定しているシートベルトの解除ボタンの上に物品を置いていました。カーブを走行中、チャイルドシートが少し傾いて、その物品が挟まれ、解除ボタンが押され、チャイルドシートが外れてしまいました。
女性
30代
1310-03
丈の短いひも状ののれんをかけていましたが、子供の背では届かないので気にしていませんでした。しかし、7~8ヶ月の子供をおぶってのれんを通った時に、子供がひもをつかんでしまいました。 通り抜けようとしても進めず、振り返るとひもを放すところでした。右手でつかんだひもが首にかかったままで、私が通り抜けようとしたために首がしまった状態になったらしく、首に斜めに擦った赤い跡がついていました。のれんはすぐ外しました。
女性
30代
1310-04
2歳半の孫がペットボトルのキャップを口にくわえてしまいました。慌てて取り出そうとしましたが、歯の内側に引っかかってしまいました。 キャップより大きく口を開かないと取れないので、顎が外れないか心配しました。
女性
50代以上
1310-05
下の子に授乳しているとき、2歳の姉はドングリで遊んでいました。授乳を終えて見に行くと、鼻の穴に指を入れて気まずそうな顔をしていました。ドングリを鼻の穴に入れたものと思いましたが、鼻をのぞいても見えなかったので様子をみることにしました。しかしその夜、眠れない様子で、茶色の鼻水が出てきたので救急を受診しました。しかしそこでは取れずに、翌日、耳鼻科の専門医に取ってもらいました。もう少し小さな物で気管に入っていたら生死に関わることになっていたそうです。
女性
30代


  御紹介する基準

  ○ お寄せいただいた体験談や工夫は、原則として原文のまま掲載しますが、個人や法人を特定できるような情報や他者をひぼう中傷する情報等が含まれる場合には、一部又は全部を御紹介できないことがあります。また、文字化け等している箇所については、適宜こちらで文字を補わせていただいております。
  ○ 御質問や、体験談や工夫以外に関する情報は、本サイトや「子ども安全メールfrom消費者庁」の運営に当たっての参考とさせていただきます。

お子様のケガや危ない!と思った体験談などをお寄せください。


このページの先頭へ



Copyright © 2010 Consumer Affairs Agency,Government of Japan. All Rights Reserved.