皆様の体験談や工夫

より多くのかたがたと情報を共有して同様の事故の発生を防止する目的で、皆様からお寄せいただいた「お子様が怪我をしたり、危ない!と思ったりした体験談や、怪我を防ぐための工夫」(以下「体験談や工夫」という。)をご紹介しています。

御紹介する基準

「お寄せいただいた体験談や工夫(2013年1月分)」
No. 体験談や工夫 性別 年代
1301-01
先日、メローゴールド(かんきつ類)を食べた後、香りが良いのでお風呂に入れたところ、4歳の息子が「かゆいかゆい」と言い始め、みるみる「痛い痛い」と言い出しました。すぐにお湯から出てシャワーをかけましたが足が真っ赤になっておりました。子供には刺激が強かったようです。みかんの種類によるのかもしれませんが柑橘系の皮は注意です。無知でした。
女性
40代
1301-02
2歳半の息子が子供用のスープカップを鼻と口を覆う形で顔に吸着させ、顔を真っ赤にしてうめいていました。慌てて引っ張ってとったところ、苦しそうに泣き出しました。もう少し気づくのが遅かったらと思うとゾッとしました。
女性
40代
1301-03
スライドドアのワゴン車での指挟み事故について。子どもが2人、同時に助手席のドアと、同じ側の後ろのスライドドアから車に乗ろうとしました。助手席に座った子どもが先にドアを閉めた際に、スライドドアから乗ろうとした子どもが手を挟まれてしまいました。同時にドアが開いた状態だと、普段なら掴めないドアとドアの合わせ目の支柱がむき出しになり、手すりのようになります。そこに手を添えたために、助手席のドアを閉めた時に指を挟んでしまいました。皆様。気を付けてください。
女性
30代


  御紹介する基準

  ○ お寄せいただいた体験談や工夫は、原則として原文のまま掲載しますが、個人や法人を特定できるような情報や他者を誹謗中傷する情報等が含まれる場合には、一部又は全部を御紹介できないことがあります。また、文字化け等している箇所については、適宜こちらで文字を補わせていただいております。
  ○ 御質問や、体験談や工夫以外に関する情報は、本サイトや「子ども安全メールfrom消費者庁」の運営に当たっての参考とさせていただきます。

お子様の怪我や危ない!と思った体験談などをお寄せください。


このページの先頭へ



Copyright © 2010 Consumer Affairs Agency,Government of Japan. All Rights Reserved.