皆様の体験談や工夫

より多くのかたがたと情報を共有して同様の事故の発生を防止する目的で、皆様からお寄せいただいた「お子様が怪我をしたり、危ない!と思ったりした体験談や、怪我を防ぐための工夫」(以下「体験談や工夫」という。)をご紹介しています。

御紹介する基準

「お寄せいただいた体験談や工夫(2012年4月分)」
No. 体験談や工夫 性別 年代
1204-01
長男が小学校1年生の時に何を思ったのかコンセントの差し込み口にボールチェーンを差して火花が散りました。 火傷やボヤにはなりませんでしたが コンセント回りや壁がススまみれに。子供は興味深いコトがたくさんあるのでビックリさせられることが多いです。最近ではコンセントカバーなどが売られているのでガードするのも必要ですね。
女性
40代
1204-02
我が家は築40数年の古い家で、玄関の上がり板が高めです。居間の軽い引き戸を開けるとすぐ玄関で、私が台所にいる間に1歳の息子の力でも軽々開けてしまって、落ちていました。今は簡単なフック式の鍵で開かないように対策しています。
女性
30代
1204-03
娘が1歳の頃、ロールカーテンの周りで遊んでいたら何かの拍子にチェーンに首がすっぽり入ってしまい、その状態で娘が座ったので首吊りになってしまいました。一瞬の出来事で、たまたま私が見ていた為すぐに立たせて外しましたが、子供は『苦しいから立って自分で外す』ということはできなかったはず…。もし私が見ていなかったら…と恐怖を覚えました。それからは、付属の部品でチェーンを子供の手の届かない所に毎回とめています。面倒でも、子供の命を守ることには替えられません。
女性
30代
1204-04
夕飯の支度でバタバタしていた時、1歳9ヶ月の息子の泣き声が聞こえたので振り返ってみると、そこには泣きじゃくってる息子と出刃包丁が!幸い足に浅い切り傷だけですみましたが、一歩間違えると取り返しのつかないことになってたかもしれません。普段から扉にロックをかけてるんですが、夕飯の支度中でついロックをかけ忘れてたみたいで…本当に怖い思いをしました。
女性
30代


  御紹介する基準

 ○ お寄せいただいた体験談や工夫は、原則として原文のまま掲載しますが、個人や法人を特定できるような情報や他者を誹謗中傷する情報等が含まれる場合には、一部又は全部を御紹介できないことがあります。また、文字化け等している箇所については、適宜こちらで文字を補わせていただいております。
 ○ 御質問や、体験談や工夫以外に関する情報は、本サイトや「子ども安全メールfrom消費者庁」の運営に当たっての参考とさせていただきます。

お子様の怪我や危ない!と思った体験談などをお寄せください。


このページの先頭へ



Copyright © 2010 Consumer Affairs Agency,Government of Japan. All Rights Reserved.