皆様の体験談や工夫

より多くのかたがたと情報を共有して同様の事故の発生を防止する目的で、皆様からお寄せいただいた「お子様が怪我をしたり、危ない!と思ったりした体験談や、怪我を防ぐための工夫」(以下「体験談や工夫」という。)をご紹介しています。

御紹介する基準

「お寄せいただいた体験談や工夫(2012年10月分)」
No. 体験談や工夫 性別 年代
1210-01
洋菓子店のオレンジゼリーを食べさせたところアルコールが入っていたので酔っぱらった。店側に確認したところ度数の強い洋酒が1個8ml.も入っていた。店は今後アルコールが入っている旨公開するといって謝ったが公開されたことは一度もない。
女性
40代
1210-02
こんにゃく入りゼリーの売り場を酒類コーナーとか薬局に変更してほしいです。他のゼリーと並んで売っているので間違えて買ってしまいます。子供もパッケージが気に入ると欲しがるし、そもそもお菓子売り場にあって子供はダメというのは無理があります。パッケージをじっくり見たり子供を説得しながらゆっくり買い物する余裕のあるお母さんはそうそういないと思います。お餅はお菓子売り場にはありません。一部の世論からこんにゃくゼリー擁護も多いのか幼稚園世代でも遊びに来た子供に凍らせたこんにゃくゼリーを振る舞ったりしますが、売り場が別であれば買う時に認識できると思います。何故こんにゃくをゼリーにして食べたいのかわかりませんが、販売禁止にできないなら売り場を変更してください。
男性
30代
1210-03
上が2歳0か月の男の子。下が2か月の男の子です。長男がまだいたずら盛りなので、下の子が産まれたときネットタイプのベビーベッドをレンタルしました。しかし、上の子をお風呂に入れているほんの10分程の間に、赤ちゃんが足の小指とお姉さん指をネットの小さな穴に絡めてしまったらしく、さらに無理矢理引き抜いたようで、指の皮膚がベロっとかなり深くめくれてしまい、ベッドやシーツも血だらけになっていました。幸い、縫ったりすることはありませんでしたが・・・確かに長男のときと比べると、よく手足を動かす子なのですが、まさかネットに指が挟まってしまうとは思いもしませんでした。今は、足まわりのネット部分だけタオルを丸めたものを柵に固定して置いたり、目を離すときだけはガーゼのミトンをはかせたりしています。
女性
20代
1210-04
1歳4か月の息子がお姉ちゃんの朝ごはんに出した皮つきのウインナーを食べてしまい、皮が喉に引っ掛かりました。自力では取れず、泣き叫ぶ息子。チアノーゼは出てなかったものの、苦しそうにしていました。背中を叩いても胸を叩いても出ずに、結局救急車を要請しました。しっかりと自分で食べられるようになるまではウインナーをしばらく食卓には出すのをやめています。
女性
30代
1210-05
娘が二歳の時に、車の後部座席のドアの軸の部分に指を挟みそうになりました。 後部座席のドアを開くと、軸の部分に隙間ができますが、そこに指を入れていました。 幸い、閉める直前で気づいたので良かったですが、あのまま閉めていたら・・・と思うとゾッとします。 大人が気を付けるべきなのはもちろんですが、車のドアの軸が、指はさみなどの事故防止に近づけたものになれば良いなと思います。
女性
20代


  御紹介する基準

  ○ お寄せいただいた体験談や工夫は、原則として原文のまま掲載しますが、個人や法人を特定できるような情報や他者を誹謗中傷する情報等が含まれる場合には、一部又は全部を御紹介できないことがあります。また、文字化け等している箇所については、適宜こちらで文字を補わせていただいております。
  ○ 御質問や、体験談や工夫以外に関する情報は、本サイトや「子ども安全メールfrom消費者庁」の運営に当たっての参考とさせていただきます。

お子様の怪我や危ない!と思った体験談などをお寄せください。


このページの先頭へ



Copyright © 2010 Consumer Affairs Agency,Government of Japan. All Rights Reserved.