皆様の体験談や工夫

より多くのかたがたと情報を共有して同様の事故の発生を防止する目的で、皆様からお寄せいただいた「お子様が怪我をしたり、危ない!と思ったりした体験談や、怪我を防ぐための工夫」(以下「体験談や工夫」という。)をご紹介しています。

御紹介する基準

「お寄せいただいた体験談や工夫(2011年5月分)」
No. 体験談や工夫 性別 年代
1105-01
ご飯を作ってるときの話。ガスコンロの魚焼きグリルに、普段から近付けないように気をつけているのですが、ちょっと目を離したすきに、いつも真っ暗なグリルの中が明るいのが気になったらしく、じーっと見てる間におでこがグリルのガラス窓にペタ。すぐに大泣きして離れ、冷やしたので今はもうほとんど治りましたが、私が触っても相当熱いので、今まで以上に注意しようと思いました。
女性
30代
1105-02
折り畳み式の扉のおれまがる部分を子供は押したくなるようで、その部分を押して閉めようとし、指を挟んでしまいそうになりました。 クローゼットのその部分の隙間は幼児の指のサイズとピッタリで、扉の操作する力の入り方でひどいと骨折の危険性があるとおもわれます。
女性
30代
1105-03
運転中、車の窓を閉めたと思ったら 息子に 『まだ開いているよ』と言われ、 あわてて閉めたら 息子が窓を指差していたらしく 右手人差し指を挟んだ。 幸い、内出血ですんだが冷や汗が出た。 それ以来、運転中の窓の操作はやめた。
女性
30代
1105-04
新築に引っ越し、4歳の長男が2階の子供部屋のドアを開けたときに、ドアの下のすき間に足の指を挟みました。親指の爪の上の部分に開けたドアが当たり、皮がめくれ血が出ました。今は直りましたが、ドアの開け閉めさせる際には注意が必要なことを知りました。
男性
30代
1105-05
こどもが三歳の時にベッドから転落して、鎖骨を骨折してしまいました。知人のこどもも同じことがあったので、親のベッドで一緒に寝かせている家庭は要注意です。ちなみに、転落したのは、ベッドガードをしていたサイドではなく、足側の方でした。
女性
40代
1105-06
1才の男の子です。部屋の中を兄弟で走り回っていたとき、転びテーブルの角で目の横を切りました。 泣いて血も出ていたので、怪我の状態がよくわからないまま病院に連れていきました。夜間だったため小児科の先生がいなかったものの、たまたま外科の先生で、診てすぐ目は大丈夫と言っていただいてホッとしました。しかしかなり腫れると聞いていた通り目の回りが殴られたかのようになり、保育園で危うく虐待を疑われかけたぐらいでした。少しでもずれていたらと思うと今でもゾッとします。
女性
30代
1105-07
自転車の前座席に子供を乗せて走り出そうとしたところ、雨で自転車のハンドルグリップが滑り子供が乗った自転車ごと倒れてしまった。 倒れた衝撃で子供は大泣きだったが、シートベルトとヘルメットかぶっていたので怪我は避けられた。
女性
30代
1105-08
2月に子供が眉に二針を縫うケガをしました。お友達と仲良く手を繋いで歩いてたところ、お友達が転び、繋いでいた手をひっぱられ地面に顔をたたきつけてしまいました。微笑ましく見てた私も悪いですが、私もお友達の母も後味が悪くなる出来事でした。
女性
20代
1105-09
主人が使い、片付けずに置いてあった低周波治療器を2才の子供が使用してビックリしました。 見ようみまねで使った子供は、心臓の辺りにパッドをはり、強さも一番強い10にして電源も入っていました。 幸い片方のパッドが外れていたので事故にはつながりませんでしたが、大人でもひきつる感覚がある強さで、しかも心臓の上に…今、思い出してもゾッとする体験でした。
女性
30代
1105-10
この前、子供の口をティッシュで拭いたとき、ティッシュを子供が掴んでそのまま口の中へ! あわてて取ろうとしたら、ティッシュが破れて、破片が子供の口の中に残ってしまいました。 今思えば、やわらかい紙だから飲み込んでも大丈夫だと思いますが、そのときはかなりあせりました!
女性
20代
1105-11
息子が二歳になったころ、教育番組のテレビをみていて、歯磨きをしよう、とテレビの中のお兄さんが歯磨きを促す内容でした。真似をして息子も歯ブラシを持ってきて歯磨きしていましたが、急に今度は体操をしよう!と場面がきりかわり、息子も歯ブラシをくわえたまま体操をしだしたのです。危ない!と思ったときには転んでしまい、歯ブラシが喉にささり、裂傷してしまいました。ずいぶん血がでてひやっとしました。
女性
30代
1105-12
子供が2歳の時の事ですが保育園の園庭解放へ行った時の事です。 運動場に出てすぐのところに鉄棒があり子供もその鉄棒が死角になっていたのか走りながら一番低い鉄棒に喉を強打しました。 遊具は子供にとって楽しいものですが危険なこともたくさんあるので改めて親も気を付けて見てないといけないなと思いました。
女性
30代
1105-13
ハイハイしながら、なんでも拾い、口にする赤ちゃん。誤飲事故防止の対策はしていたつもりでしが。ある日、何気なく私(母親)も赤ちゃんと一緒に床に膝まづきました、ふと赤ちゃんをみたら、手の指に、小さな錠剤が!! さあこれから口に~の寸前でした! その日は来客があり、来客の落とした錠剤でした。我が家では絶対に薬は赤ちゃんがいる場所には置かない飲まないが鉄則。 まさかのことでした。油断していました。 今は長男の食べこぼしなどなど、何が落ちているかわからないから、自分がハイハイしてリビングを周り、落とし物チェックをしています。
女性
30代


  御紹介する基準

 ○ お寄せいただいた体験談や工夫は、原則として原文のまま掲載しますが、個人や法人を特定できるような情報や他者を誹謗中傷する情報等が含まれる場合には、一部又は全部を御紹介できないことがあります。また、文字化け等している箇所については、適宜こちらで文字を補わせていただいております。
 ○ 御質問や、体験談や工夫以外に関する情報は、本サイトや「子ども安全メールfrom消費者庁」の運営に当たっての参考とさせていただきます。

お子様の怪我や危ない!と思った体験談などをお寄せください。


このページの先頭へ



Copyright © 2010 Consumer Affairs Agency,Government of Japan. All Rights Reserved.