皆様の体験談や工夫

より多くのかたがたと情報を共有して同様の事故の発生を防止する目的で、皆様からお寄せいただいた「お子様が怪我をしたり、危ない!と思ったりした体験談や、怪我を防ぐための工夫」(以下「体験談や工夫」という。)をご紹介しています。

御紹介する基準

「お寄せいただいた体験談や工夫(2011年3月分)」
No. 体験談や工夫 性別 年代
1103-01
乗用車の扉のすきまに子供の指を挟んでしまいました。4歳の息子が運転席のドアを閉めていた時に、後ろのドアの開け閉めをしていたら、2枚のドアの隙間吸い込まれるように指を挟んでしまいました。油断していました。注意が足りなかった…。 指の吸い込みは電車のドアに注意がありますが、どんなドアでも吸い込みに注意しなきゃいけないなぁと再認識しました。
女性
30代
1103-02
廊下の曲がり角 当時3歳の息子が廊下を歩いていて、曲がり角の直角の所に狙ったかの様にコケておでこの真ん中を強打!大泣きして、もの凄いたんこぶが出来ました!室内のテーブルなどはクッションテープを貼ってるが、廊下までは思いつかなかった。
女性
30代
1103-03
一歳の男の子の母です。11ヶ月のことです。離乳食を食べ終わり、私の膝の上で歯磨きをしていた時、急に子供が、テーブルのコップに手を伸ばしました。とっさに私が手を出したところ、子供が振り返り、子供の目を突いてしまいました。眼科で診ていただいて、幸い、傷は白目の部分のみで、瞳は無事でした。ほんの一瞬のことでしたが、子供の人生を大きく変えてしまうところでした。恐ろしかったです。
女性
30代
1103-04
子供が一歳二ヶ月の時、高さ30㎝位の整理ダンスにつかまり立ちをしていて、その手を滑らせて、口を強打。生えたばかりの前歯一本が完全に脱臼。高さが低いからと油断していて起きた事故でした。その後は、角という角をガード。何年も経ってから、事故で抜けた歯は、すぐ牛乳につけると再使用できる場合があると知り、今でも抜けたままの歯を見る度、応急処置の知識をもっと早くから持てば良かったなって、思います。
女性
40代
1103-05
子どもが幼稚園の頃です。横断歩道を少し渡った時に青信号が点滅しました。その途端子どもが方向転換し戻ろうとしました。車は歩行者が前を通れば曲がろうとするので、ヒヤッとしました。幸い手をつないでいたので何事もありませんでしたが…。子どもになぜ戻ろうとしたか聞くと、園の交通安全指導でおまわりさんに「横断歩道で青信号が点滅した場合近い方に渡る。」と教えてもらったようです。確かに戻ったほうが近かったのですが…。 経験上、渡りかけて点滅したら、走らず素早く渡ったほうが安全かな?と思いました。
女性
30代
1103-06
気付かないうちに階段に登ってしまって自分で降りようとして落っこちた。
女性
20代
1103-07
台所で、歩き始めた娘がふと見たら、なまはげの如く包丁を持ってニコニコ歩いていました。そぉーっと近づいて、ゆっくり手を握り、取り上げました。まだ、レンジ台の戸をあけられないと思ってストッパーをつけていませんでした。
女性
30代
1103-08
ふだん遊ばせている自治会管理の公園なんですが、遊具もサビついており、子どもがよく指を挟んでケガをします。自治会管理の公園では、点検も行き届かないことが多いと思います。命にかかわる重大事故が起こる前に、早く法令化されるのを願うばかりです。
女性
30代
1103-09
お風呂での出来事です。子供(2歳)を洗い終え、子供が座れる程度にお湯を張った湯船に入れていました。私(母親)が洗髪中、シャワーで髪を洗い流しててふと湯船を見ると、子供が湯船でおぼれそうになっていました。数秒間目を閉じていただけなのに、そのほんの一瞬の隙にこのような出来事が起きてしまいました。お湯も浅いし、今までも1人で座れていたし…と油断していたのかもしれません。それ以来、必ず目を離さない様に心がけてお風呂に入れています。
女性
30代
1103-10
3歳児を連れてホームで電車を待っていたときのこと、珍しい車両がホームに入ってきたのでカメラでパシャリ。でもその一瞬の隙に子どもは動いている電車のほうへ近づいて行っていました。ヒヤリとすると共に、電車に巻き込まれていたら···とゾッとしました。駅のホームは危険な場所という認識が甘かったと反省しました。
女性
30代
1103-11
子供が1歳の時、マンションの階段から転げ落ちました。幸い、大きなたんこぶだけで済みました。まだよちよち歩きの時、階段の上り下りをさせるときは、斜め後ろにいるようにすれば落ちることを防げたと思いました。
女性
30代
1103-12
ベビーカーの車輪がちょっとした段差を乗り越えられず、前転をするような形で子供が前に倒れそうになった。
女性
30代
1103-13
マンションの4階に住んでいます。ベランダと廊下に幅11センチ、高さ1メートル位の切れ目があり、ちょうど子供が覗きたがるサイズ·場所なので、万が一を考えると常に気が抜けません。設計時にはもっと考えてもらいたいです。
女性
40代
1103-14
危ないとは日常の生活では多々ありますが、公園の古い遊具·基本的に点検などされていなさそうな遊具はつかわせませんが、きしみやゆがみがある遊具が何年も放置されているというのが気になります。自治体などの取り組みがいけないと思います。工夫は親の判断 が大切だと思いますが、外にでたら手をつなぎ他人任せにしないことです。子供から目を離さないことこれにつきます。
女性
30代
1103-15
フードが着いたデザインの衣類は避けています。フード付きのフリースや、トレーナー等のデザインはかわいらしいですが、一方で、公園の木などに引っかかることがあり、危険な場合があります。足腰がしっかりする3才くらいまでは避けています。
女性
30代


  御紹介する基準

 ○ お寄せいただいた体験談や工夫は、原則として原文のまま掲載しますが、個人や法人を特定できるような情報や他者を誹謗中傷する情報等が含まれる場合には、一部又は全部を御紹介できないことがあります。また、文字化け等している箇所については、適宜こちらで文字を補わせていただいております。
 ○ 御質問や、体験談や工夫以外に関する情報は、本サイトや「子ども安全メールfrom消費者庁」の運営に当たっての参考とさせていただきます。

お子様の怪我や危ない!と思った体験談などをお寄せください。


このページの先頭へ



Copyright © 2010 Consumer Affairs Agency,Government of Japan. All Rights Reserved.