皆様の体験談や工夫

より多くのかたがたと情報を共有して同様の事故の発生を防止する目的で、皆様からお寄せいただいた「お子様が怪我をしたり、危ない!と思ったりした体験談や、怪我を防ぐための工夫」(以下「体験談や工夫」という。)をご紹介しています。

御紹介する基準

「お寄せいただいた体験談や工夫(2011年11月分)」
No. 体験談や工夫 性別 年代
1111-01
曽祖父母と室内で手押し車に乗って遊んでいた1歳9か月の息子。バランスを崩して転倒した際、ガラスの引き戸に手押し車がぶつかりガラスが割れて、頭を切りました。幸い傷は浅くガラス片も付着していませんでした。つい先日は高さ約60cmの茶の間に付いている勝手口(段差あり)から転落し右頬に痣を作りました。いつもなら完全に閉めて更に施錠しているのですが、その日に限って曽祖父母のどちらかが勝手口を通ったあと確認せず施錠どころか完全にドアが閉まっていなかったのが原因でした(勝手口は曽祖父母しか利用しません)。ぱっと見では閉まっているように見えたので私も気付かなかったのですが、息子も閉まっていると思っていたようでドアに寄り掛かり、そのまま転落しました。それからは転倒しても危険の少ない場所で、勝手口の施錠も必ず確認しています。
女性
20代
1111-02
先日3歳の次女の髪をドライヤーで乾かしていたとき、他の用事でその場を離れました。娘に「自分で出来る?」と声を掛けたところ「出来る!」と言ったので信用してその場を離れました。すると5分もしないうちに大声で呼ばれて跳んでいくと、化繊のカーペットが丸く熔けていました。ドライヤーを押し付けて遊んだようです。危うく火事になるところでした。子供を信用せずに親が判断するべきでした。
女性
40代
1111-03
一歳三か月のわが子!湯船にうつぶせ!自分が洗っている間は湯船に入れずに洗い場で遊ばせていましたが、季節も寒くなり、体が冷えては可哀想と思い、兄(五歳)もいたので、万一、沈んでも兄が気付いてくれると思い下の子も湯船に入れ、自分の髪の毛を洗っていました。そして気がつくと、ぷ~かぷ~かとうつぶせで浮かんでるわが子がいました…。一瞬…なんで?なんで浮かんでいるの??遊んでいるの??んなわけないだろ~!!。あわててお湯から抱き上げました。うつぶせだった為か、水を飲むこともなく、すぐに気付いたので、大事に至りませんでしたが。そして兄はというと…自分の横でうつぶせで浮いている妹には全~く気付く事なく遊びに夢中でした。やはりどんな時も子供の安全を守るのは大人の親の責任です。
女性
30代


  御紹介する基準

 ○ お寄せいただいた体験談や工夫は、原則として原文のまま掲載しますが、個人や法人を特定できるような情報や他者を誹謗中傷する情報等が含まれる場合には、一部又は全部を御紹介できないことがあります。また、文字化け等している箇所については、適宜こちらで文字を補わせていただいております。
 ○ 御質問や、体験談や工夫以外に関する情報は、本サイトや「子ども安全メールfrom消費者庁」の運営に当たっての参考とさせていただきます。

お子様の怪我や危ない!と思った体験談などをお寄せください。


このページの先頭へ



Copyright © 2010 Consumer Affairs Agency,Government of Japan. All Rights Reserved.