教材・資料
  保護者、教育関係者、保健医療関係者などの様々な方が、子どもの事故防止に有効な知識や情報を入手できるように、子どもの事故防止に役立つ体験施設や、教材、資料を紹介します。
  これらの体験・教材・資料は、様々な関係者から提供して頂きました。無料でご利用いただけますので、子どもの事故防止のためにご活用下さい。(ただし、転載する場合は、出典を必ず明示して下さい。)
掲載内容に変更・修正がある場合は、下記「子どもを事故から守る!プロジェクト」担当へご連絡ください。

■体験してみよう! ■作ってみよう! ■身の回りをチェック!
■読んでみよう! ■歌って踊ろう! ■身につけよう!

■体験してみよう!
内容 実施主体
「家庭内事故を再現したセーフティハウス(モデルルーム) 京あんしんこども館(京都市)
豊島区池袋保健所(東京都)
あいち小児保健医療総合センター(愛知県)

■作ってみよう!
内容 実施主体
幼児視野体験メガネとチャイルドマウス 京あんしんこども館(京都市)
指はさみ防止グッズ 豊島区池袋保健所(東京都)

■身の回りをチェック!
内容 実施主体
子どもを事故から守るための注意点を点検できる「安全チェックリスト」 長野県
御坊保健所(和歌山県御坊市)
親子で一緒に住まいの安全を学習できるコンテンツ (株)ミサワホーム総合研究所
家庭内の事故を動画で学習できるソフト 東京都
家庭や屋外の危険な場所を学習できる「危険予知シート」 東京消防庁
誤飲・誤食等の中毒事故の原因となる物や状況を確認できる「発生状況確認ゲーム」 公益財団法人
日本中毒情報センター

■読んでみよう!
内容 実施主体
「読み聞かせ絵本  あぶない!きけん!」子どもが危険に気付き避ける能力を向上させる絵本
(「はさむ」「転倒」「転落」の3話。幼稚園の先生による「読み聞かせ」「粘土を使った実験」の動画もあります。)
「冊子  子どものための危険学 増補改訂版」
子どものまわりの様々な危険について、保護者が学ぶ冊子
(危険な場所や物、子どもの気持ち、危険へ の対処法、応急処置、“あぶない”を知る実験がわかる内容。事故を再現する実験の動画もあります。)
危険学プロジェクト
子どものための危険学
(代表  畑村洋太郎)
公園で遊ぶ際の服装や遊び方、事故が起きたときの対処方法がわかるパンフレット (株)日本公園施設業協会
乳幼児の発達別リーフレット 長野県
家庭で起こる事故や、事故の対処法がわかるリーフレット 御坊保健所(和歌山県御坊市)
公園で遊ぶ際の服装や、遊び方がわかるリーフレット 横浜市
誤飲事故の多い物や、注意点、応急手当の方法がわかるリーフレット 公益財団法人
日本中毒情報センター
幼児座席を使用する際の注意点をまとめたリーフレット
自転車用ヘルメットの着用を促すチラシ
(財)自転車産業振興協会
サッシ 窓 ドアなどを安全にお使いいただくためのリーフレット 一般社団法人 日本サッシ協会

■歌って踊ろう!
内容 実施主体
「歌 デンジャラスたんけんたい」 子どもたちが歌ったり踊ったりしながら、身近な危険を学べる歌(幼稚園の先生による「歌と振り付け」の動画あり) 危険学プロジェクト
子どものための危険学
(代表 畑村洋太郎)

■身につけよう!
内容 実施主体
家庭でできる応急手当の方法 平成16年度厚生労働科学研究費
補助金 子ども家庭総合研究 (主任研究者  田中哲郎)
家庭での応急処置のポイント 御坊保健所(和歌山県御坊市)
子どもの事故を防ぐためのかみしばい 「どっちがよいこ?」
子どもの事故を防ぐためのぬりえ「よいこのぬりえ」
神奈川県

「子どもを事故から守る!プロジェクト」担当 連絡先
消費者庁消費生活情報課
03-3507-8800

このページの先頭へ



Copyright © 2010 Consumer Affairs Agency,Government of Japan. All Rights Reserved.