食品からの放射性物質検出に伴う出荷制限の一部解除について

平成23年4月8日

消費者担当大臣 蓮舫

本年3月11日に発生した東日本大震災において被災をされた皆様に心からお見舞いを申し上げます。また、救援、救出に全力を挙げていただいている関係各位の身を惜しまない御努力に心から感謝を申し上げます。

政府として4月8日、福島県の一部地域において産出された原乳及び群馬県において産出されたホウレンソウ等について、「食品出荷制限の品目・区域の設定・解除の考え方について」(4月4日公表)に基づき、これまでの出荷制限を解除する指示を発出しました。

この考え方は、

(1) 出荷制限・解除は、よりきめ細かく、市町村単位など県を分割した 区域ごとに行うことを可能とする
(2) 出荷制限の解除は、福島第一原子力発電所の状況を勘案しつつ、約1週間ごとに検査を行い、3回連続で食品衛生法の暫定規制値を下回った品目・区域について実施される

としており、各地域で実施されたモニタリング調査の結果を踏まえて、今回一部の解除が行われたものです。ただし、解除後も、福島第一原子力発電所からの放射性物質の放出が継続している間は、1週間ごとに検査を実施することにしています。

出荷制限が行われている食品は、引き続き市場には流通しないようになっています。今後、出荷制限の解除がなされた食品は、小売店の店頭で販売され購入できることになりますので、消費者の皆様には、根拠のない噂などにより混乱せず、確かな情報に基づき冷静に対応してくださいますよう、お願いいたします。

(注)4月10日以降、出荷制限が解除された品目・区域が追加されています。
最新の情報は こちら。[PDF]

ページ上部へ


消費者庁 携帯サイト
携帯サイトQRコード