消費生活情報 冬の事故やトラブルに注意!


冬の事故やトラブルに注意!

 寒い季節がやってまいりました。消費者庁には本年10月1日以降これまでに、「電気あんかを今季初めて使用したところ、あんかが焦げ、周辺のふとん、毛布なども焼損した」、「今季初めて加湿器を使用したところ、異臭がし、発煙した」、「オーブントースターで市販のパック餅を焼いたところ、餅が膨らんでトースター上部の電熱部に接触して発火した」などの情報が消費者安全法に基づく通知等で寄せられています。
 これらの事例については、原因を調査中のものもありますが、これから本格的に寒い季節を迎えるに当たって、消費者の皆様が事故に遭わないように注意すべき点をまとめました。
 これらの情報を参考に安全に寒い季節を乗りきりましょう。
  ○使う前によく確認しましょう。
  ○つけたままその場を離れてはいけません。
  ○低温やけどに注意しましょう。
 詳しくは、以下の公表資料をご覧下さい。

除雪機の取扱いに注意!

 本格的な降雪シーズンを迎えるに当たり、別添のとおり、除雪機の取扱いに関する注意喚起を公表いたします。
 今シーズンは消費者庁に除雪機の事故に関する情報は寄せられておりませんが、除雪機については、平成19年5月に重大製品事故に係る報告制度が実施されてからこれまでに12件の死亡又は重傷事故が発生しています。
 平成22年2月13日には、除雪機を使用して除雪中、運転者以外の者が誤って除雪機に巻き込まれて死亡する事故が発生しておりますので、くれぐれもご注意下さい。

担当:消費生活情報課

ページ上部へ


消費者庁 携帯サイト
携帯サイトQRコード