【概要】平成27年版消費者白書

第1部 消費者行動・意識と消費者問題の現状

第4章 消費者政策の展開

第3節 地方消費者行政の充実・強化

マスコットキャラクターへの消費者教育推進大使の委嘱
  • 消費者庁では地域における消費者教育推進のため、地方公共団体公認のマスコットキャラクターに対する、「消費者教育推進大使」の委嘱制度を設置。
  • 各地方で親しまれているマスコットキャラクターに消費者教育や消費者市民社会の概念を普及していく活動に協力してもらうことを目的。
  • 2014年度は7大使。2015年度に入ってからは9大使を委嘱。

出世大名家康くんへの委嘱状の授与(静岡県浜松市)
出世大名家康くんへの委嘱状の授与
(静岡県浜松市)

街頭活動中のかさいこども未然奉行(兵庫県加西市)
街頭活動中のかさいこども未然奉行
(兵庫県加西市)

>一生犬鳴!イヌナキン!のイラスト入りの消費生活センターの車(大阪府泉佐野市)
一生犬鳴!イヌナキン!
のイラスト入りの消費生活センターの車
(大阪府泉佐野市)

出世大名家康くんへの委嘱状の授与(静岡県浜松市)
消費者教育イベントでのキッくん
(東京都千代田区)

出世大名家康くんへの委嘱状の授与(静岡県浜松市)
食育に取り組む紀の川ぷるぷる娘
(和歌山県紀の川市)

※写真は2014年度委嘱分。
2015年度の委託数は2015年5月末時点。
全ての市区町村で消費生活相談窓口設置
  • 消費者庁設置後、法律(消費者安全法)、予算(地方消費者行政活性化基金等)の両面から地方消費者行政を充実・強化。
  • 2015年3月時点で、全ての地方公共団体で消費生活相談窓口が設置。
  • 消費生活センター数は、全国で763か所。体制整備が着実に進んでいるものの、小規模市町村を中心にセンター設置は課題。

図表4-3-8-2 「地方消費者行政強化作戦」達成状況(消費生活センター設立促進)

ページ上部へ


消費者庁 携帯サイト
携帯サイトQRコード