【概要】平成27年版消費者白書

第1部 消費者行動・意識と消費者問題の現状

第3章 消費者問題の動向

第3節 最近の消費者問題の傾向

電気通信サービスに関する相談は更に増加
  • 携帯電話やインターネット接続回線等の電気通信サービスに関する相談は、2014年度は更に増加。
  • 中でも、インターネット接続回線についての相談の増加が目立つ。

図表3-3-1 電気通信サービスに関する相談件数

遠隔操作によるインターネットプロバイダ変更トラブルが急増
  • 2014年度に、インターネットプロバイダ変更契約後に事業者が遠隔操作をするという相談が急増。
  • インターネットプロバイダの利用料が安くなる等の理由で消費者が契約を変更するよう電話勧誘。事業者に指示されるままにパソコンを操作した後、事業者が遠隔操作を行う。その結果、二重契約になったという相談や利用料が高くなったという相談が多い。

図表3-3-2 「遠隔操作によるインターネットプロバイダ変更トラブル」に関する相談件数

アダルト情報サイトに関するトラブルが増加
  • 2014年度のアダルト情報サイトに関する相談は年齢層が幅広く、前年度を大きく上回り、約11万件。
  • 主な内容は、「無料のアダルトサイトを見ようとしたら、会員登録され、約10万円の会費の請求画面が表示された。どうしたらよいのか」等。

図表3-3-3-1 アダルト情報サイトに関する相談件数(全体)

図表3-3-4 アダルト情報サイトに関する相談(2014年度)

アダルト情報サイトに関するトラブルでは支払額も高額化
  • アダルト情報サイトに関する相談の増加要因は、スマートフォンが高齢層を含め幅広く普及したことにより、サイトにアクセスする機会が増えていること等。
  • 支払済の相談でみると平均支払金額は高額化。
  • 支払方法として、プリペイドカードを悪用した新たな手口が登場。

図表3-3-3-2 アダルト情報サイトに関する相談件数(スマートフォンを利用したもの)

図表3-3-5 アダルト情報サイトに関する相談における支払済件数とその金額

プリペイドカードを中心とした
キャッシュレスでの支払手段を悪用する新たな手口が発生
  • クレジットカードや、プリペイドカードに代表される電子マネー等、“キャッシュレス決済”は、現金を持ち歩かずにカードやスマートフォンで買い物できる手軽さから、身近な決済手段として、消費者の利用機会が拡大。
  • 一方で、最近悪質事業者に誘導されてプリペイドカードを購入し、その価値(額面価格分)をだまし取られる、新たな手口が発生。

図表3-3-7-1 プリペイドカードの販売イメージ

図表3-3-7-2 プリペイドカードを悪用した手口の仕組み

SNSに関連する相談は中高年層でも増加
  • SNS(ソーシャル・ネットワーキング・サービス)が何らか関連している消費生活相談は増加傾向。2014年度は前年度比46%増。
  • SNSの普及により、幅広い年齢層で相談が増加(2009年度から2014年度で20歳代以下は2.1倍に対し、40~60歳代は6.2倍の増加。)。
  • 相談内容は、「SNSで知り合った相手から出会い系サイトへ誘導された」、「SNSに表示された広告をきっかけに無料で試した健康食品が、知らないうちに定期購入になった」、「SNS上で友達と思っていたら、なりすましていた別人だった」等、多種多様。

図表3-3-9 SNSに関連する相談の年齢別割合

詐欺的な手口に関する高齢者についての相談が増加
  • 詐欺的な手口に関する高齢者についての相談が増加傾向。
  • 相談時点で、事業者に支払を済ませたケースは減少傾向にあるものの、支払った相談の1件当たりの平均金額は、依然として高額。

図表3-3-10 詐欺的な手口に関する高齢者についての相談件数と支払済相談の平均支払額

劇場型勧誘トラブルは、高齢者の割合が更に増加
  • 「劇場型勧誘」のトラブルに関する相談は2014年度後半は減少しているものの依然として多く、そのうち高齢者に関する割合は高まる傾向。
  • 「ファンド型投資商品」や「公社債」等の金融商品に関するものが多い。
  • 2014年度は個人情報の削除や過去の投資の被害回復を持ち掛けるといった、金融商品以外の内容の相談が増加。
  •  

  • ※「劇場型勧誘」とは、複数の事業者が役回りを分担し、パンフレットを送り付けたり、電話で勧誘したりして、消費者があたかも得をするように信じ込ませて、実態不明の金融商品等を買わせる手口。

図表3-3-11 劇場型勧誘に関する相談件数と高齢者割合

個人情報削除を持ち掛ける詐欺によるトラブルが増加
  • 公的機関等をかたり、電話で「個人情報が漏れているので、削除してあげる」などと勧誘し、最終的にはお金をだまし取る手口が2014年度に急増。
  • 2014年7月に企業保管の個人情報が外部に大量に流出した事件もあり、便乗する手口もみられる。
  • 高齢女性がトラブルに遭うケースが目立つ。

図表3-3-12 「個人情報の削除を持ち掛ける詐欺」に関する相談件数

食品の異物混入に関する相談が一時的に増加
  • 2014年末から2015年初めまでにかけて、即席めん、ファストフード店で提供された商品、レトルト食品などに異物が混入したという報道が相次いだ。
  • それにより、食品の異物混入に関する、消費生活センター等への相談も、2015年1月に急増。

図表3-3-16 食品の異物混入に関する相談件数

ページ上部へ


消費者庁 携帯サイト
携帯サイトQRコード