平成26年版消費者白書

第2部 消費者政策の実施状況

第3章 経済社会の発展等の環境変化への対応

第3節 国際化の進展への対応

( 1 ) OECD消費者政策委員会(CCP)への参画

CCP78)本会合(年2回:2013年度は4月、11月)に出席し、現在進められている各プロジェクト(電子商取引に関する調査、製品安全に関する情報共有等)の作業・今後の検討スケジュール等についての議論を行いました。

また、食品ロスに関する我が国の現状と取組や電子商取引に係る消費者問題に関する我が国の現状と取組について情報提供を行いました。

( 2 ) 地域間・二国間における国際的な連携の強化

2013年7月、消費者庁は、中国・韓国及びASEAN諸国等が参加するアジア消費者政策フォーラムに出席し、消費者庁の最新の政策や、電子商取引に関する我が国の現状と取組についての情報提供を行いました。

このほか、その他の国々とも意見交換を行い、特に2014年3月には、フランスとの間で、食の安全性・信頼確保等に関して、閣僚級(フランスの農業・農産加工業・林業大臣付農産食品業担当大臣と森大臣)の意見交換を行いました。

( 3 ) 消費者保護及び執行のための国際ネットワーク(ICPEN)等を通じた法執行機関の国際的な連携

ICPEN79)本会合に出席し、各国における新たな分野における消費者問題への対応及び国境を越える消費者トラブルについての取組等、各国消費者行政法執行機関との間で情報交換を行いました(2013年4月、10月)。

また、ICPEN加盟各国の消費者保護当局が参加している、インターネットを監視する「インターネット点検キャンペーン」に参加しました(2013年9月)。

さらに、「eConsumer.gov」の日本語サイトにおいて情報提供を行いました(2013年度は、2013年4月1日に施行された改正消費者安全法に関する記事、消費者庁において模倣品の販売が確認された海外ウェブサイトを公表している旨の記事、CCJ(越境消費者センター)において海外ショッピングのトラブルに関する相談事例を公開している旨の記事を掲載しました)。

また、消費者啓発のキャンペーンの1つである「ICPEN詐欺防止月間」に参加し、日本の消費者月間に合わせ、5月1日から1か月間、消費者庁・関係省庁のウェブサイトを通じた消費者への注意喚起・啓発を実施しました。


78)

Committee on Consumer Policy(消費者政策委員会)の略。

79)

International Consumer Protection and Enforcement Network(消費者保護及び執行のための国際ネットワーク)の略。

ページ上部へ


消費者庁 携帯サイト
携帯サイトQRコード