文字サイズ
標準
メニュー

消費者庁Weekly第319号
平成29年9月12日配信(平成29年9月2日~平成29年9月8日発信分)

消費者庁では、地方自治体の消費者行政担当のみなさまに定期的に情報発信をしています。


PICK-UP



  • 若者の消費者被害の心理的要因からの分析に係る検討会について(9月7日)

マルチ商法等にみられるように、若者が消費者被害に遭う要因としては、若者が合理的な判断をすることができない状態に陥っているなど、心理的要因が挙げられます。こうした若者の消費者被害について、ヒアリング調査等を通じて消費者被害の現状、消費者被害に遭う要因等を主に心理的要因の観点から調査分析し、対応策を検討します。
詳しくは下記をご覧ください。

  • 第1回「若者の消費者被害の心理的要因からの分析に係る検討会」【9月14日】の開催について
http://www.caa.go.jp/future/project/

  • 第1回「食品ロス削減全国大会」について(9月7日)

長野県松本市において、10月30日、31日に第1回「食品ロス削減全国大会」を、松本市・全国おいしい食べきり運動ネットワーク協議会主催、環境省・農林水産省・消費者庁共催で開催します。
詳しくは下記をご覧ください。
http://www.caa.go.jp/adjustments/pdf/adjustments_index_9_170907_0001.pdf

  • 平成28年(2016年)熊本地震関連情報

消費者庁、国民生活センター、首相官邸からの情報を掲載しています。
詳しくは下記をご覧ください。
http://www.caa.go.jp/earthquake20160414/


新着情報



  • 事故情報・注意喚起のお知らせ

【消費生活用製品安全法】

【消費者安全法】

【注意喚起】

  • セミナー開催告知など
  • HPへの資料などの掲載
  • その他


定期更新(週1~3回更新)




◇国民生活センターからのお知らせ◇




  • Weekly えんど

2017年7月24日、消費者庁の歴史に新たな1ページが刻まれた ―消費者行政新未来創造オフィスの開設である▼先日、このオフィスの門出を記念したシンポジウムが行われた。一カ月前に台風の影響で延期になってしまったが、9月6日、ようやく無事に開催することができた。消費者庁の岡村長官からは、冒頭挨拶で、新しいオフィスが全国各地の消費者の「真に豊かな暮らし」のために大きな役割を果たすよう全力でチャレンジをしていく旨の発言があった。また、客員主任研究官の依田高典氏による行動経済学をテーマにした講演があり、行動経済学を用いて行う実証実験と調査・研究についての期待も述べられた▼消費者行政新未来創造オフィスは、分析・研究、実証実験等を集中的に行う拠点として、消費者庁としての新たな取組を実施予定だ。このオフィスでの成果が、後々展開されるであろう消費者行政の基礎となり、消費者の暮らしの向上に少しでも貢献できるような「未来」を実現していきたい▼走り出したばかりの消費者行政新未来創造オフィスの取組を、まずは温かく見守っていただければ幸いである。(S.K)

注目コンテンツ

消費者の方

行政・消費生活相談員の方

事業者の方