文字サイズ
標準
メニュー

消費者庁Weekly第306号
平成29年6月6日配信(平成29年5月27日~平成29年6月2日発信分)

消費者庁では、地方自治体の消費者行政担当のみなさまに定期的に情報発信をしています。


PICK-UP



  • ライターは安全に正しく使いましょう!-ライターの注意表示をよく確認し、事故を防ぎましょう- (6月1日)

ライターの誤使用や不注意により、火災、重度のやけど、死亡に至ったという事故が継続して発生しています。
使用上の注意を守って、ライターを安全に正しく使用しましょう。
消費者庁は、事故防止のために注意ポイント4点を公表しました。
詳しくは下記をご覧ください。
http://www.caa.go.jp/policies/policy/consumer_safety/caution/caution_170601_01.html

  • 「独立行政法人国民生活センター法等の一部を改正する法律」の公布について(6月2日)

「独立行政法人国民生活センター法等の一部を改正する法律」が6月2日に、公布されました。この法律は、一部の規定を除き、平成29年10月1日から施行されます。
詳しくは下記をご覧ください。
http://www.caa.go.jp/policies/policy/consumer_system/collective_litigation_system/references/consumer_affair_center/

  • 平成28年(2016年)熊本地震関連情報

消費者庁、国民生活センター、首相官邸からの情報を掲載しています。
詳しくは下記をご覧ください。
http://www.caa.go.jp/earthquake20160414/


新着情報



  • 事故情報・注意喚起のお知らせ

【消費生活用製品安全法】

【消費者安全法】

【注意喚起】

  • セミナー開催告知など
  • HPへの資料などの掲載
  • その他


定期更新(週1~3回更新)




◇国民生活センターからのお知らせ◇




  • Weekly えんど

今年も小学校の校外学習の一環として消費者庁に多くの子どもたちがやってきた。暑い日が続くが、子どもたちの暑さを感じさせない熱意とひたむきな姿勢は我々も見習わなければならないと感じた▼子どもたちの質問を読んで、改めて消費者庁の業務が消費者の生活に密接に関わっていることを痛感する。入庁して5ヶ月が経ち、より一層業務に励んでいきたいと思う▼子どもたちの身の回りには、たくさんの危険が潜んでいる。トラブルに巻き込まれた時は消費者ホットライン188番(いやや!)の活用など今回学んだことを生活の中で生かしてもらいたい。(K.I)

注目コンテンツ

消費者の方

行政・消費生活相談員の方

事業者の方