文字サイズ
標準
メニュー

消費者庁Weekly第305号
平成29年5月30日配信(平成29年5月20日~平成29年5月26日発信分)

消費者庁では、地方自治体の消費者行政担当のみなさまに定期的に情報発信をしています。


PICK-UP



  • 詐欺被害相談をかたる悪質事業者に関する注意喚起(5月22日)

詐欺被害相談の解決名目で高額な依頼料を請求する事業者に対し、消費者の利益を不当に害する行為を確認したため、消費者安全法の規定に基づき、注意喚起を行いました。※同名又は類似名の事業者と間違えないようご注意ください。
詳しくは下記をご覧ください。
http://www.caa.go.jp/policies/policy/consumer_policy/information/pdf/consumer_policy_information_170522_0001.pdf

  • 電話勧誘販売業者【(株)アンチエイジングラボ】に対する指示処分(5月24日)

消費者庁は、健康食品の電話勧誘販売を行っていた(株)アンチエイジングラボに対し、違反行為の是正等を指示しました。同社は、各通信販売業者に電話勧誘を委託し、委託を受けた業者の顧客リスト先へ電話をかけさせ、委託を受けた業者の社名を名のらせ、同社名や売買契約の締結について勧誘をするためのものであることを告げさせず、勧誘を行わせていました。
そして、消費者から断りの電話が無い限り商品が毎月届く売買契約を締結していました。違反行為は、氏名等の明示義務違反及び契約書面の交付義務違反です。
詳しくは下記をご覧ください。
http://www.caa.go.jp/policies/policy/consumer_transaction/release/pdf/release_170524_0001.pdf

  • 法的な資格制度がない医業類似行為の手技による施術は慎重に(5月26日)

法的な資格制度がない手技の施術による神経・脊髄の損傷などの事故情報が1,483件寄せられています。施術を受ける際は事前に情報を見極め、疾病や体調を医師や施術者に相談・伝達しましょう。施術により異常を感じたら、すぐに施術者に伝えて施術を中止し、早く医師に相談しましょう。
詳しくは下記をご覧ください。
http://www.caa.go.jp/policies/policy/consumer_safety/release/pdf/consumer_safety_release_170526_0002.pdf

  • 平成28年(2016年)熊本地震関連情報

消費者庁、国民生活センター、首相官邸からの情報を掲載しています。
詳しくは下記をご覧ください。
http://www.caa.go.jp/earthquake20160414/


新着情報



  • 事故情報・注意喚起のお知らせ

【消費生活用製品安全法】

【消費者安全法】

【注意喚起】

  • セミナー開催告知など
  • HPへの資料などの掲載
  • その他


定期更新(週1~3回更新)




◇国民生活センターからのお知らせ◇




  • Weekly えんど

「行動しよう 消費者の未来へ」。今年は30回目となる消費者月間のテーマである▼消費者庁では、消費者月間のイベントとして5月22日~23日にかけて、消費者月間シンポジウム、消費者支援功労者表彰式を行った。消費者月間シンポジウムでは、大臣にご挨拶をいただいた後、テーマに沿ったパネルディスカッションを行った。消費者支援功労者表彰式では、消費者利益の擁護及び増進を図るために消費者支援活動に顕著な功績のあった方々や団体に対して表彰を行った▼消費者月間は間もなく終わるが、相談員の皆様は、消費生活相談、消費者教育、消費者生活情報の提供など、引き続き消費者の暮らしを守っていただきたいと思う。(E.K)

注目コンテンツ

消費者の方

行政・消費生活相談員の方

事業者の方