文字サイズ
標準
メニュー

消費者庁Weekly第302号
平成29年5月2日配信(平成29年4月22日~平成29年4月28日発信分)

消費者庁では、地方自治体の消費者行政担当のみなさまに定期的に情報発信をしています。


PICK-UP



  • 平成29年度消費者月間について(4月24日)

今月は「消費者月間」です。今年で第30回目となり、消費者団体、事業者団体、行政等が一体となって、消費者問題に関する教育・啓発等の事業を全国各地で集中的に行っています。
本年の消費者月間において、消費者庁では、「行動しよう 消費者の未来へ」とテーマを設定し、様々な取組を実施いたします。
詳しくは下記をご覧ください。
http://www.caa.go.jp/policies/policy/consumer_education/public_awareness/2017gekkan/index.html

  • ICPEN詐欺防止月間 -インターネットトラブルに気を付けましょう-

消費者庁では、「消費者月間」に合わせて、2017年5月に「ICPEN詐欺防止月間」を実施します。
これは、ICPEN(消費者保護及び執行のための国際ネットワーク)が推奨している、消費者に対する啓発キャンペーン「詐欺防止月間(Fraud Prevention Month)」を実施するものです。
詳しくは以下をご覧ください。
http://www.caa.go.jp/policies/policy/consumer_policy/international_affairs/201705icpen.html

  • 「特集:子どもを事故から守る!プロジェクト」について(4月26日)

我が国では、窒息や溺水などの不慮の事故によって、14歳以下の子どもが毎年300人以上亡くなっています。こうした事故を可能な限り防止するために、消費者庁は関係府省庁と連携し「子どもを事故から守る!プロジェクト」を推進しています。
子どもの事故防止に関する注意ポイントなど様々な情報を発信していますので、どうぞご活用ください。
詳しくは下記をご覧ください。
http://www.caa.go.jp/policies/policy/consumer_safety/child/

  • 平成28年(2016年)熊本地震関連情報

消費者庁、国民生活センター、首相官邸からの情報を掲載しています。
詳しくは下記をご覧ください。
http://www.caa.go.jp/earthquake20160414/


新着情報



  • 事故情報・注意喚起のお知らせ

【消費生活用製品安全法】

【消費者安全法】

【注意喚起】

  • セミナー開催告知など
  • HPへの資料などの掲載
  • その他


定期更新(週1~3回更新)




◇国民生活センターからのお知らせ◇




  • Weekly えんど

一人一人の小さな消費行動も、積もり積もれば日本を、世界を、地球を変えることにもなる。フェアトレードの商品などが一例だろう▼そんな思いで何気なく買っている商品の背景にあるストーリーに思いを馳せてみたり、休日に出掛けた地方の特産物や伝統工芸に触れてみたりする。すると、今年の消費者月間のテーマ「行動しよう 消費者の未来へ」を「自分事」として捉えることができるような気がした▼職人さんが地場の材料を使って丁寧に作り上げた製品を買うことも、いわゆる「悪質商法」の被害に遭わないように気を付け合うことも、公正で自立可能な社会の形成につながっているのだと今更ながら実感。安全・安心で豊かに暮らすことができる社会が実現される未来に向けて。(I.T)

  • 来週の配信はお休みです。次回の配信は5月16日(火)になります。

注目コンテンツ

消費者の方

行政・消費生活相談員の方

事業者の方