文字サイズ
標準
メニュー

消費者庁Weekly第294号
平成29年3月7日配信(平成29年2月25日~平成29年3月3日発信分)

消費者庁では、地方自治体の消費者行政担当のみなさまに定期的に情報発信をしています。


PICK-UP



  • ガス小売全面自由化に関する注意喚起(3月1日)

本年4月から、都市ガスの小売全面自由化が始まります。
注意点などを下記にまとめていますので、御活用ください。不審な勧誘などの際には、消費者ホットライン「188(いやや!)」に相談してください。
詳しくは下記をご覧ください。
http://www.caa.go.jp/policies/policy/consumer_research/price_measures/electricity_liberalization.html#new

  • オンラインでの旅行予約におけるトラブルに注意しましょう!(3月1日)

オンラインで旅行を予約する際に注意すべきチェックポイントをまとめました。春の行楽シーズンに向けて、トラブルを未然に防ぐために、チェックポイントを確認しておきましょう。
詳しくは下記をご覧ください。
http://www.caa.go.jp/adjustments/pdf/adjustments_index_1_170301_0001.pdf

  • 平成28年(2016年)熊本地震関連情報

消費者庁、国民生活センター、首相官邸からの情報を掲載しています。
詳しくは下記をご覧ください。
http://www.caa.go.jp/earthquake20160414/


新着情報



  • 事故情報・注意喚起のお知らせ

【消費生活用製品安全法】

【消費者安全法】

【注意喚起】

  • 措置命令・業務停止命令など

【景品表示法】

  • HPへの資料などの掲載
  • セミナー開催告知など
  • その他


定期更新(週1~3回更新)




◇国民生活センターからのお知らせ◇




  • Weekly えんど

『誤嚥(ごえん)』とは、なんらかの理由で、食べ物などが誤って喉頭と気管に入ってしまう状態のことをいうが、私は現在、誤嚥事故に関する情報収集に当たっている。小さな子供や高齢者が食事の際に誤嚥をして、誤嚥性肺炎や窒息に至った例は相当数にのぼるし、死亡例も数多い。雛祭りの雛あられで窒息した例もあるなど、誤嚥は身近で生命を脅かす怖い事故原因なのだ▼製造サイドでは、誤嚥しにくい製品への改良に努めていると聞く。具材の切り方を工夫して誤嚥を防ぐといった施設運営サイドでの工夫もあるとか。ただ、まだ一部の取組みにすぎない。こうした現段階では、やはり消費者自身が、誤嚥しないよう意識的に食べ物を十分に噛んで咀嚼することが大事だし、アブナイカモの歌ではないが、幼児が玩具やボタン電池等を誤って口に入れないよう、先ずは周囲の人たちが保管に気をつけることが大切なのだ▼誤嚥の危険は、言葉だけではなかなか伝わりにくい。消費者庁では、何がどう危険なのか、どうやって防ぐのか、動画で分かり易く伝えたいと考えている。ご期待いただきたい。(Y.M)

注目コンテンツ

消費者の方

行政・消費生活相談員の方

事業者の方