文字サイズ
標準
メニュー

消費者庁Weekly第287号
平成29年1月17日配信(平成29年1月7日~平成29年1月13日発信分)

消費者庁では、地方自治体の消費者行政担当のみなさまに定期的に情報発信をしています。


PICK-UP



  • 消費者安全調査委員会の動き 第45号(1月11日)

最近の消費者安全調査委員会での議論についてお知らせします。
平成28年12月22日に行われた第52回消費者安全調査委員会では、「幼稚園で発生したプール事故」事案のフォローアップ、体育館の床から剝離した床板による負傷事故事案、一般の方からいただいた「申出」事案について議論しました。
消費者安全調査委員会の最近の動きについて下記をご覧ください。
http://www.caa.go.jp/csic/action/index4.html

  • 消費者志向経営推進キックオフシンポジウム(平成28年10月24日開催)の当日の様子を掲載しました。(1月12日)

消費者庁では、2016年10月24日(月)、経団連会館ダイアモンドホールにて、「消費者志向経営推進キックオフシンポジウム」を開催しました。シンポジウムには、企業や事業者団体・消費者団体の関係者を中心に、200名近くの方にご参加いただき、盛況のうちに終了しました。
詳しくは下記から当日の様子を、ご覧ください。
http://www.caa.go.jp/policies/policy/consumer_research/consumer_oriented_management/propulsion_organization/index.html

  • 平成28年(2016年)熊本地震関連情報

消費者庁、国民生活センター、首相官邸からの情報を掲載しています。
詳しくは下記をご覧ください。
http://www.caa.go.jp/earthquake20160414/
このほか、消費者庁 Twitter、消費者庁 Facebookでも情報提供を行っています。


新着情報



  • 事故情報・注意喚起のお知らせ

【消費生活用製品安全法】

【消費者安全法】

【注意喚起】

  • HPへの資料などの掲載
  • セミナー開催告知など
  • その他


定期更新(週1~3回更新)




◇国民生活センターからのお知らせ◇




  • Weekly えんど

今年の新成人は123万人。報道されていた成人式では、多様な新成人たちの姿があった。式典自体は様変わりしているが、自分たちの未来を考える新成人の雰囲気は、筆者の成人式の頃と変わらないようだ▼先週、内閣府消費者委員会で、成年年齢引下げ対応検討ワーキング・グループ報告書がまとめられた。折りしも各地で成人式が行われた後である。消費者庁としては、今後必要な取組を検討していくことになるが、本当に大きなテーマだ▼引下げの対象となる若者には、学生もいれば、社会人として独り立ちしている人もおり、生活環境も実に多様。「契約は慎重に、少しでも不安を感じたら消費者ホットライン188(いやや!)へ」と今年も広報を続けるにせよ、それだけで足りるはずもない▼筆者は学校などで〈消費者教育〉を学んだ自覚はなく、〈自らの失敗〉を経て消費者トラブルの解決法などを学んだというのが当時の実感だ。成人年齢が引き下げられるこれからの若者たちは、学校などで学んだ〈消費者教育〉で、自ら考え、行動できる消費者市民になれるのだろうか。そう期待したい!(E.K)

注目コンテンツ

消費者の方

行政・消費生活相談員の方

事業者の方