文字サイズ
標準
メニュー

消費者庁Weekly第277号
平成28年11月1日配信(平成28年10月22日~10月28日発信分)

消費者庁では、地方自治体の消費者行政担当のみなさまに定期的に情報発信をしています。


PICK-UP



  • 道交法の基準に適合しない電動アシスト自転車に乗るのはやめましょう!まずは、お持ちの自転車の型式について確認をしましょう!(10月27日)

電動アシスト自転車の中にアシスト比が基準を超える製品があり、基準を超えたアシスト力が不意に加わってバランスを崩すなど危険なので、このような自転車を乗るのはやめましょう。お持ちの自転車が該当するか購入先に必ず確認しましょう。
詳しくは下記をご覧ください。
http://www.caa.go.jp/policies/policy/consumer_safety/release/pdf/161027kouhyou_1.pdf

  • 0歳児の就寝時の窒息死に御注意ください!(10月24日)

0歳児の就寝時の窒息死事故が5年間で160件確認されました。就寝時は子供用の敷き布団やマットレス等固めの物を使用するよう注意しましょう。
詳しくは下記をご覧ください。
http://www.caa.go.jp/policies/policy/consumer_safety/release/pdf/161024kouhyou_1.pdf

  • 平成28年(2016年)熊本地震関連情報

消費者庁、国民生活センター、首相官邸からの情報を掲載しています。
詳しくは下記をご覧ください。
http://www.caa.go.jp/earthquake20160414/
このほか、消費者庁 Twitter、消費者庁 Facebookでも情報提供を行っています。


新着情報



  • 事故情報・注意喚起のお知らせ

【消費生活用製品安全法】

【消費者安全法】

【注意喚起】

  • HPへの資料などの掲載
  • セミナー開催告知など
  • その他


定期更新(週1~3回更新)




◇消費者庁からのお知らせ◇「消費者意識基本調査」の実施について

消費者庁では、日頃の消費生活における意識や行動、経験等をお聞きし、今後の消費者政策の企画立案の基礎資料とするため、「消費者意識基本調査」を11月4日~11月30日に実施いたします。
本調査では、全国にお住まいの満15歳以上の方々10,000人を、住民基本台帳から無作為に選ばせていただいています。また、調査票の配布・回収及び集計業務は、株式会社日本リサーチセンターに委託しています。

調査の対象となられた方には、消費者庁からはがきを送付の上、株式会社日本リサーチセンターの調査員がお伺いし、調査票への御記入をお願いすることとなります。
消費生活相談窓口へ、消費者(調査対象者)から問合せ等が入りましたら、下記のURLをご確認いただき、御案内いただくよう、よろしくお願い申し上げます。

<調査実施機関・お問合せ先>
株式会社 日本リサーチセンター(担当:調査部 藁品(わらしな)・井川)
TEL:0120-107-705(月~金:10~17時)
ウェブサイト  http://www.nrc.co.jp/

※消費者庁(調査対象者への依頼文を掲載)
http://www.caa.go.jp/policies/policy/consumer_research/research_report/survey28/index.html



◇国民生活センターからのお知らせ◇




  • Weekly えんど

就寝時の0歳児の窒息事故の発生が跡を絶たない。大人用の柔らかい布団で口がふさがれたり、添い寝をしたまま寝込んでしまい、身体で圧迫してしまうなどの報告がある。消費者庁では、大人用のベッドではなく、できるだけベビーベッドに寝かせる、子供用の軽い掛け布団を使う、などの注意喚起をしているのだが・・・▼子供の周囲には他にも様々な危険がある。最近では、おむつ交換台からの転落、電気ケトルによるやけど、磁石などの誤飲などについて注意喚起を行っている。子供たちの命が奪われないよう、家庭で、施設で、しっかりと見守りたいものだ▼「銀(しろがね)も金(こがね)も玉も何せむに まされる宝 子にしかめやも」《山上憶良:万葉集》。子供に勝る宝はない。その子供たちを見守るのは大人の仕事だ。当たり前のことを改めて訴えざるをえない、冬の日々である。(K.Y)

注目コンテンツ

消費者の方

行政・消費生活相談員の方

事業者の方