文字サイズ
標準
メニュー

消費者庁Weekly第269号
平成28年8月30日配信(平成28年8月20日~8月26日発信分)

消費者庁では、地方自治体の消費者行政担当のみなさまに定期的に情報発信をしています。


PICK-UP



  • 特定継続的役務提供事業者【(株)グロワール・ブリエ東京】に対する業務停止命令及び指示(8月24日)

消費者庁は、エターナル・ラビリンスの屋号でエステティック(脱毛)の役務を提供していた(株)グロワール・ブリエ東京に業務停止命令(9か月)及び指示をおこないました。予約を取ることが困難な状況にありながら予約が取れると不実のことを告げて勧誘する等していました。
詳しくは下記をご覧ください。
http://www.caa.go.jp/policies/policy/consumer_transaction/release/pdf/160824kouhyou_1.pdf

  • 平成28年(2016年)熊本地震関連情報

消費者庁、国民生活センター、首相官邸からの情報を掲載しています。
詳しくは下記をご覧ください。
http://www.caa.go.jp/earthquake20160414/
このほか、消費者庁 Twitter、消費者庁 Facebookでも情報提供を行っています。


新着情報



  • 事故情報・注意喚起のお知らせ

【消費生活用製品安全法】

【消費者安全法】

【注意喚起】

  • HPへの資料などの掲載
  • セミナー開催告知など
  • その他


定期更新(週1~3回更新)




◇国民生活センターからのお知らせ◇




  • Weekly えんど

まもなく学校の夏休みも終わりだ。今年の夏休み期間中、消費者庁では、各地のイベントに出展し、子どもを事故から守るシンボルキャラクター「アブナイカモ」も大活躍。会場に子どもの安全を呼びかけるテーマソングが流れると、耳に残るのか、立ち止まって聞き入る子も多かった▼「そんなばかなことなんて 起きるはずはない・・・」に続く歌詞のように、子どもには思わぬ“危険”が身近にある。例えば最近の薬は苦くないし、飲み物と間違えそうな容器の洗剤を注意喚起した例もあるのだ▼アブナイカモのテーマソングの歌詞は、原作の試聴段階で具体的危険を列挙するよう改めたとも聞く。イベントに参加された親子の自宅で、テーマソングを口ずさみつつ、身近な危険をしっかりチェックしていただけるなら、担当者の苦労も報われるというものである。
(E.K)

注目コンテンツ

消費者の方

行政・消費生活相談員の方

事業者の方