文字サイズ
標準
メニュー

消費者庁Weekly第256号
平成28年5月24日配信(平成28年5月14日~5月20日発信分)

消費者庁では、地方自治体の消費者行政担当のみなさまに定期的に情報発信をしています。


P I C K - U P



  • 平成27年度リコール対象製品に関する重大製品事故について(5月18日)

消費者庁では、平成27年度のリコール対象製品に関する重大製品事故について、
注意喚起を行いました。リコール対象製品を使い続けると、火災等の事故を引き起こす
おそれがあり、大変危険です。対象製品をお持ちでないか確認し、お持ちの方は、直ち
に使用を中止し、事業者に連絡しましょう。
詳しくは下記をご覧ください。
http://www.caa.go.jp/policies/policy/consumer_safety/release/pdf/160518kouhyou_1.pdf

  • 平成28年(2016年)熊本地震関連情報(5月20日更新)

消費者庁、国民生活センター、首相官邸からの情報を掲載しています。
詳しくは下記をご覧ください。
http://www.caa.go.jp/earthquake20160414/
このほか、消費者庁 Twitter、消費者庁 Facebookでも情報提供を行っています。


新着情報



  • 事故情報・注意喚起のお知らせ

【消費生活用製品安全法】

【消費者安全法】

【注意喚起】

  • セミナー開催告知など
  • HPへの資料などの掲載
  • その他


定 期 更 新(週1~3回更新)




◇国民生活センターからのお知らせ◇




  • Weekly えんど

消費者庁では先週、「リコール対象製品に関する重大製品事故について」注意喚起を行った。昨年度に発生したリコール対象製品による重大製品事故は100件にも上っている。世の中には実にたくさんのリコール製品が出回っているのだ▼私事だが、持っていたマニキュアが、ホルムアルデヒドが検出されたとして昨年10月にリコール発表された。すぐに販売店へ持って行き回収してもらったが、すでに何回か使用した後だったので、事業者は人体に影響はないというものの、しばらくは不安だった経験がある。初期の情報把握と対応は本当に大切だ▼消費者庁ではあらゆるリコール製品情報を一元的に集約した「消費者庁リコール情報サイト」を運営しており、開設から4年経った。今や掲載しているリコール情報は4000件以上もあり、重大なリコール情報は速報性も念頭に置いたメルマガを配信するなどの工夫も続けている。今後も消費者にいち早くリコール情報をお届けするとともに、消費者が効率的に活用できるよう努めていきたい。(Y.S)
消費者庁リコール情報サイトhttp://www.recall.go.jp/index.php

注目コンテンツ

消費者の方

行政・消費生活相談員の方

事業者の方