文字サイズ
標準
メニュー

消費者庁Weekly第251号
平成28年4月12日配信(平成28年4月2日~4月8日発信分)

消費者庁では、地方自治体の消費者行政担当のみなさまに定期的に情報発信をしています。


P I C K - U P



  • 電力小売全面自由化に関する情報を発信しています

本年4月より、電力の小売全面自由化が実施されています。実施に当たり消費者庁では、所管省庁と連携しつつ、情報発信を行っておりますので、ご活用ください。詳しくは下記をご覧ください。
http://www.caa.go.jp/policies/policy/consumer_research/price_measures/electricity_liberalization.html


新着情報



  • 事故情報・注意喚起のお知らせ

【消費生活用製品安全法】

【消費者安全法】

【注意喚起】


  • セミナー開催告知など

  • HPへの資料などの掲載

  • その他


定 期 更 新(週1~3回更新)






◇国民生活センターからのお知らせ◇








  • Weekly えんど

4月、新生活を始める人が多い季節である。中には右も左も分からない場所で、家族や地域から守られた生活から飛び出すことに、不安を感じる人も多いのではないか▼私の通った大学は地方出身者が少ない学校だった。入学式の翌日、自宅外通学の学生だけが一つの教室に集められた。学生課の人から「ここにいる皆さんは親元を離れ心細いはず。困ったことがあれば、気軽に学生課に相談してほしい。いろいろな誘惑もあるから気をつけるように。一人で決めないように・・・」と親切に案内されたのが今でも思い出される▼サークル勧誘と称して新入生に近づいたり、 SNSやオンラインゲームでの勧誘などにも、実は詐欺的商法があったりと、どこに危険が潜んでいるか分からない。消費者相談を知らなかったあの頃を思い出せば、大きな被害に遭わなかった我が身の幸運を感じるばかりだ▼若者への消費者教育の必要性が唱えられはじめて久しいが、まだまだ行き渡ってはいないだろう。「不安に思ったら、一人で判断する前に“188”へ電話相談」をしっかり広報していくことで、被害に遭う若い消費者をできるかぎり少なくしていきたい。相談員の皆様、よろしくお願いいたします。(E.K)

注目コンテンツ

消費者の方

行政・消費生活相談員の方

事業者の方