文字サイズ
標準
メニュー

食品ロス削減に関する意見交換会

食品ロス削減に向けた取組について(食品ロス削減に関する意見交換会)

  • 「食品ロス削減に関する意見交換会」の取りまとめを掲載しました(平成26年3月26日)。
  • 第3回食品ロス削減に関する意見交換会を開催しました(平成26年2月26日)。
    議事録を掲載しました。
  • 第2回食品ロス削減に関する意見交換会を開催しました(平成25年12月18日)。
  • 第1回食品ロス削減に関する意見交換会を開催しました(平成25年10月28日)。

「食品ロス削減に関する意見交換会」について

我が国では、食べられるのに廃棄される食品、いわゆる「食品ロス」は年間約500~800万トンと試算されています。食品産業においては食品ロスの削減に向けた取組を行っている一方で、消費者においてもその理解と主体的な行動が不可欠であることから、事業者・消費者双方から食品ロスの削減に取り組む機運を醸成するとともに、消費者に対する効果的な普及啓発の方策等について検討するため、有識者による「食品ロス削減に関する意見交換会」を立ち上げます。【意見交換会の詳細(構成等)はこちら[PDF:225KB]

「食品ロス削減に関する意見交換会」取りまとめ

「食品ロス削減に関する意見交換会」取りまとめ[PDF:246KB]

第3回食品ロス削減に関する意見交換会(平成26年2月26日)

第2回食品ロス削減に関する意見交換会(平成25年12月18日)

第1回食品ロス削減に関する意見交換会(平成25年10月28日)

担当:消費者政策課