消費者問題及び消費者政策に関する報告(2009~2011年度)

コラム

特定商取引法の「クーリング・オフ」ってどういうもの?

簡単に言えば、一定の条件の下で、締結した契約をなかったことにできる制度です(契約の解除)。

クーリング・オフをした場合、支払った金額は全額返金されます。また、契約書に「キャンセル料」や「違約金」について書かれていても、これらを一切支払う必要がありません。商品・権利の引取りにかかる費用は事業者の負担となります(着払いで返送できます)。通常使用してしまった商品であっても、契約をなかったことにできます。サービスの場合は、そのサービスを受けた後でもなかったことにできます。住宅リフォームの場合等は、無料で元通りに戻す(原状回復)ことを事業者に求めることができます。

クーリング・オフできる期間は、取引の形態によって異なります。法律で決められている書類を受け取った日(当日を含む)から、下記の期間はクーリング・オフができます。

上記の期間が過ぎたらクーリング・オフできませんが、次のような場合は、期間が過ぎてもクーリング・オフができます。

クーリング・オフを行う場合は、法律上、「書面」で行うことになっていますので、注意してください。

ページ上部へ