平成25年版消費者白書

第2部 消費者政策の実施状況

第3章 経済社会の発展等の環境変化への対応

第1節 環境に配慮した消費行動と事業活動の推進

( 3 )カーボンフットプリントの仕組みの構築及び理解促進

2009年度から2011年度にかけて、カーボンフットプリント(以下「CFP161」という。)制度の基盤整備のための試行事業を関係省庁連携の下で実施しました。同事業では、製品種別算定ルール(以下「PCR162」という。)を73件認定したほか、CFPの検証を469件実施しました。また、2012年7月より一般社団法人産業環境管理協会の自主事業「新CFPプログラム」として制度を運営し、新たにPCRを9件認定したほか、CFPの検証を152件実施しました。


161)

Carbon Footprint of Productsの略。カーボンフットプリントとは商品・サービスのライフサイクル全般(原材料調達から廃棄・リサイクルまで)で排出された温室効果ガスをCO2相当量に換算し表示する制度。詳細はカーボンフットプリントウエブサイトを参照。
http://www.cfp-japan.jp/ 

162)

Product Category Ruleの略。

ページ上部へ


消費者庁 携帯サイト
携帯サイトQRコード