平成25年版消費者白書

第2部 消費者政策の実施状況

第2章 地方公共団体、消費者団体等との連携・協働と消費者政策の実効性の確保・向上

第1節 地方公共団体への支援・連携

( 3 )消費者ホットラインの運用

消費者がトラブルに見舞われたとしても、相談窓口の存在に気付かなかったり、相談窓口は知っていたとしてもその連絡先が分からなかったりすることがあります。

このため、消費者庁では、全国どこからでも身近な消費生活相談窓口を案内する「消費者ホットライン」152)を運用しており、2012年度には24万2,015件の利用がありました。

なお、国民生活センターでは、都道府県・市区町村の消費生活相談窓口が開所していない場合に相談を受け付ける「土日祝日相談」の実施に加え、平日には「平日バックアップ相談」を行っています。土日祝日相談について、2012年度には8,541件の相談を受け付け、平日バックアップ相談については、2011年6月の平日バックアップ相談開始以降、2012年度末までに4,627件の相談を受け付けました。


152)

消費者ホットライン(0570-064-370)

ページ上部へ


消費者庁 携帯サイト
携帯サイトQRコード