平成25年版消費者白書

第2部 消費者政策の実施状況

第1章 消費者の権利の尊重と消費者の自立の支援

第3節 消費者に対する啓発活動の推進と消費生活に関する教育の充実

4 .消費者に対する普及啓発・情報提供

( 5 )子どもたちのインターネットの安全・安心利用に向けた啓発

総務省と文部科学省は、通信関係団体等と連携しながら、子どもたちのインターネットの安心・安全な利用に向けて、保護者、教職員及び児童生徒を対象とした啓発講座(e-ネット安心講座)を全国規模で行うe-ネットキャラバンの活動を、2006年度から全国において実施してきました。

2013年3月末までの間に、延べ6,355件の講座が開催され、延べ78万人以上が受講しています。また、2012年度は過去最多の実施件数(2013年3月末時点で1,524件)となりました。

なお、2009年4月1日施行の「青少年が安全に安心してインターネットを利用できる環境の整備等に関する法律」に基づき、「青少年が安全に安心してインターネットを利用できるようにするための施策に関する基本的な計画(第2次)」(2012年7月6日)が決定され、官民連携して青少年・教職員・保護者等に対するインターネットの適切な利用に関する啓発講座を実施することとされています。

ページ上部へ


消費者庁 携帯サイト
携帯サイトQRコード