平成25年版消費者白書

第2部 消費者政策の実施状況

第1章 消費者の権利の尊重と消費者の自立の支援

第2節 消費者の自主的かつ合理的な選択の機会の確保

2 .表示・規格・計量の適正化を図るための施策

( 8 )放射線測定器の計測の信頼性確保

経済産業省では、食品中の放射性セシウム他の測定を簡便に行うことを可能にし、性能、構造及び校正方法(標準線源を用いた試験方法)等を規定したJIS規格“JIS Z4342 シンチレーション式放射能測定器”を制定しました(2013年3月21日公示)。

また、放射能測定器関連規格の原案作成団体である一般社団法人日本電気計測器工業会において、「簡易的な環境放射線測定に関するガイドライン(2012年8月30日)」を公表し、測定器の校正に関して、少なくとも1年程度ごとの基準線源による定期的な校正やメンテナンスを推奨するとともに、一般の方が適切なサーベイメーターを選定するためのガイドライン「放射線測定機器の性能チェックシート(2013年4月11日)」において、購入時、購入後の校正をチェック項目として取り上げ、校正についてわかりやすく解説しています。

ページ上部へ


消費者庁 携帯サイト
携帯サイトQRコード