平成25年版消費者白書

第2部 消費者政策の実施状況

第1章 消費者の権利の尊重と消費者の自立の支援

第1節 消費者の安全・安心の確保

4 .消費者の安全・安心の確保のためのその他の施策

( 3 )家庭用品の安全確保の促進

厚生労働省では、家庭用品に使用される化学物質による健康被害を防止するため、「有害物質を含有する家庭用品の規制に関する法律」に基づいて規制基準を定めており、2013年1月現在、20物質について、物質ごとに対象製品(繊維製品、洗浄剤等)の基準を設定しています。

また、1995年7 月の製造物責任法(PL114)法)の施行に伴い、事業者自らによる製品の安全確保レベルのより一層の向上を支援するため、家庭用品メーカー等が危害防止対策を推進する際のガイドラインとなっている「家庭用化学製品に関する総合リスク管理の考え方」を踏まえ、各種製品群につき、事業者が製品の安全対策を講じるために利用しやすい「安全確保マニュアル作成の手引き」(以下「手引き」という。)を作成しています。1998年に防水スプレーについて手引きを作成したのを皮切りに、2011年の洗浄剤・漂白剤まで5種類の手引き(10製品群)を作成しました。


114)

Product Liability の略。

ページ上部へ


消費者庁 携帯サイト
携帯サイトQRコード